2014年10月24日金曜日


今夜は威勢がいいですね・・・(;゚Д゚)

ドル円、日経平均ロングなので大歓迎ですが
(昨晩のナスダックショートは早々に買い戻して利食い成功)

それにしても、23日㈭、東京時間の日経平均が▲56.81 15138円
かろうじて200日移動平均線の上の水準を守ったものの
上昇の勢いはなく(宮沢経済産業相の新たな問題も出て・・・)
今夜の欧米市場が弱かったら、かなり危ういという状況だった気がします。
そうそう、ドル円相場も107円を挟んでウロウロしていたのに、、、

今夜はなんと108円台!?
ダウ平均も +253 16713ドル(2:19)

為替市場では、ドル円上昇に加えて、クロス円が上昇しており、
ストレート通貨が大人しいところを見ると
今夜の動きは「円安」なんですよ。
ドルに特徴的な動きはなく、どちらかというとドルは若干強い?

要するに、株高で円安、、、リスクオン相場ってことね。
先週までの波乱相場で引き上げられた資金が
再びリスク資産に向かっているという印象。

この力強さのきっかけは欧州時間、夕方からでした。

10月仏製造業・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値

仏・10月PMI製造業 47.3(前回:48.8 予想:48.5)

仏・10月PMIサービス業 48.1(前回:48.4 予想:48.3)

でフランスの指標が悪かったことで、初動はユーロ売りだったのですが、

その後出てきたドイツ・10月PMI製造業 51.8(前回:49.9 予想:49.5)

独・10月PMIサービス業 54.8(前回:55.7 予想:55.0)

と、分水嶺の50を大きく上回る力強い結果となりました。

ドイツが良くて持ち直して、ユーロ急騰、ユーロが持ち直すことで
リスクオン相場が再開したイメージです。
ユーロドル相場は買いは続かず、だれちゃったのですが、
ユーロ円は急騰しています。この動きをみるに
円安が主役なんですね。今夜は。。。

今回の10月の大波乱相場って、ドイツの鉱工業生産の数字が
著しく悪化したあたりから始まったような印象もあります。

それが、ドイツのPMIで終焉を告げる・・・?!

なーんてイメージも湧いてくるわね。

全てが欧州のせいということじゃありませんよ。

それをきっかけに始まった「ファンドの換金売り」が
カレンダー的に一巡して、一息ついたころに
良い指標ばかりが目立ってきた。気が付いたら水準は大きく下がっており
買いやすくなっているために新たなポジションは買いから入ろう!

なんて感じじゃないかしら?

勿論、今回のファンドの換金売りって利食いばかりじゃなくて
損切りも多かった思うけれど(^^;

ボラがなくて儲けにくい膠着相場が続いた後の大波乱は
ファンド自身が演出して作り上げたという指摘もありますね。
値動きがある方が儲かりますもの。動かない相場では
儲けられない。だから仕掛けてきた。まずは崩して、買い直す、ってことね。

だとするならば、本質的な株の崩壊でも、世界経済後退リスクでもなかったわけで
ファンドのいたずらが終われば、再び米国は経済指標がいいのだから
買い直されるということになります。

米国が底入れして買い直されるのならば
日本株も連れ高、、ね。

という勝手な妄想シナリオで、日経平均ロングと
昨日作った比較的高いところでのドル円ロング106.99円

これは、もうちょっと粘って利を伸ばしてもいいなかな。と思います。

ダウは200日移動平均線に阻まれていたのですが、
今夜の上昇でしっかり超えてきました。

日経平均は23日㈭の下落でも、200日を割り込むことなく
踏みとどまっていましたので、明日は確り上げてくるでしょう。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社