2014年11月14日金曜日


ありゃりゃ~

昨晩12日㈬はドル円ちょっと売ってみたい(超短期ですが)と思って
見ていたものの、下がらないどころか、13日㈭の日経平均は続伸で
ドル円相場も崩れず115円台を守る展開。

17392.79(+195.74)

12日㈫のNYダウは2ドルの小幅安となり、東京市場も朝方は小安い
オープニングでしたが、徐々に上げ幅を拡大、
どうも海外勢が先物を買い上げているようです。


自民党・大島氏の「解散決定とみていい」との発言報道を受け、
改めて株高・円売りで反応下側面もありますが、
とにかく、本邦日本勢が利食いなのか売り方に回っている中、
海外勢が猛烈に買っている相場です。

現先合計で2週間で外人が約3兆6千億円もの買い越し。

ということは、消費税増税先送り+解散総選挙シナリオは
海外勢にとってみれば買い材料ということになるのですが、
まだまだわからないのは、あくまでこの相場は
「思惑先行」ということであって、事実が確認できた相場ではないこと。

解散総選挙を安倍首相が宣言した瞬間「事実売り」で相場が急落するのか、
更にもう一段買い上げられるのか、
あるいはもう一段の買い上げがあった後、天井ウチで大きく下がるのか、

いまのところ、想定しきれないと思っているので、
大きなポジションを持つのは相当なリスクだと思っています。

チャート的には、今回の105円からの上げ波動は日柄が足りないため
11月いっぱいまではこの水準(113~116)を維持しながら
大きく下げないという見方もできるのですが、
(川合美智子さんに水曜、日柄の重要性を伺いました)
ここから買い上げられる材料もないことからロング継続も微妙な戦略。
下がったら買う、というスタンスが一番ですので、
今買うのは得策ではなさそう。

日経平均がどこまで上がるのかが注目です・・・

週明け17日㈪には7-9月期GDP発表、
安倍首相も外遊から帰国、18日には有識者会議、
19日にも解散総選挙の有無が明らかになるでしょう。

あまり大きなポジションを持ちこさないほうがいいかな。

ポンドドルをショートして若干とりましたが、デイトレで終えています。
それ以外の新規ポジションはとっていません。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社