2014年11月19日水曜日


今夜(11/18火曜NY時間)は、ダウも小幅ながら堅調。
1:30現在 35ドル高17683ドルです。

日本の7-9月期GDPマイナスショックと増税見送り、解散総選挙表明は
海外の株式市場への悪影響とはならなかったようですね。

昨晩17日㈪のNY市場では、米10 月鉱工業生産指数が
前月から0.11%低下、こちらも予想外のマイナスとなったことも重なったものの
13ドル高と小幅高で終わっています。今夜もプラス圏で引けるなら
まったく日本株崩落のリスクを想定していないといえるでしょう。


そして日経平均。

週明け月曜は7-9月期のGDPが予想を超える悪化のマイナス成長
だったことの衝撃で、日経平均は500円を超える下げ幅でしたが、
一夜明けて、海外市場にその動揺が伝播することがなかったことを受け、
なんと今日18日㈫の日経平均は

+370.26 17344.06 

昨日の下落の7割近くを取り戻す上昇。
つまりは、GDPショックでの下落はもう終わったということ。
あとは、安倍首相の会見ですが、、、


 安倍晋三首相は19:10より 来年10月からの10%への消費増税を
1年半延期すると表明し、今月21日に衆議院を解散する考えを示す会見を
行いました。ドル円は117.04~116.40円の間で乱高下を見せるも
116円台を割り込むことなく底堅く推移。
ということで、こちらのイベントもそつなくこなせた印象です。

安倍内閣総理大臣記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/1118kaiken.html

過去の解散後は株高になるとのアノマリーが存在します。
戦後過去15回のアノマリーで
「衆議院解散から投開票日前の約1ヶ月間は過去13勝2敗」で株価は上昇。

ここからは売りは禁物、というのが改めて確認できたわね。

ということで、昨日月曜に仕込んだ
ドル円、日経平均は継続保有することに。
思惑通りに反発してくれました。

押し目買いスタンスは継続です。

*****************************

それから、17日㈪は日本のニュースがあまりに大きかったために
それ程注目されていない印象ですが、
ECBのドラギさんが結構、凄い発言していたんですね。

ドラギECB総裁が国債購入に言及
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NF6E356TTDS101.html

これを受けてユーロ安が進んだものの、、1.2443ドルまで。

その後また買われ直していますね、現在1.2540ドルまで反騰中。

今月のECB理事会で1兆ユーロのバランスシート拡大を
表明、しかも、昨晩は国債買い入れにまで言及したにもかかわらず
あまり下がってこないことへの不気味さが増しているユーロ。
ドラギさんもなかなか下がらないユーロに焦りを感じているのでは?
とも思われます(^-^;相当ユーロショートがたまっているということかしら?
こういう時は、一度バーンとショートカバーでも入ってくれれば
売りやすいのですが、ジリジリ上がると乗りにくいですね。

戦略はまだまだユーロ売りだと思うのですが、
下がらなくなっちゃってトレード妙味に欠きます・・・。

トレードするなら、ドル円一択かな?

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社