2014年12月9日火曜日

えーー7-9月期GDP改定値、下方修正なの?!

▲1.6% → 改定値 ▲1.9%

速報値よりも改善されると予想が大勢でした。。。
財務省も「改善する」と自信を示していたという話ですが(^^;

下方修正の最大の原因の一つは、改善していると思われていた
企業の設備投資がマイナス0.4%と、速報値よりも0.2ポイント悪化。

大企業の多くが設備投資を拡大している半面、
金融・保険業や資本金1000万円に満たない規模の小さい企業の
設備投資が弱かったことが一因なんだそうです。

村上氏のFBのコメントを引用させていただくと

「この時期の2次QEは、1年に1度の過去統計のリバイスが同時に行われる。
つまり前提が変わるのだから、予想できないんだよね。。
下方修正といっても実際には上方修正されている。
でも、市場関係者はそれを知らないから、
外したエコノミストは批判される。」

ということなのだそうで、

内閣府も「統計上の数値の扱いの違いも原因である」と
説明しているため数字ほどの下方修正ではない可能性もある、
と報道しているメディアも。

私も勉強不足で、良く解って居なかったのですが、
予想する前提となるデーターが全く同じでないなら
予想がそろうわけがないということね。

数字ほどの下方修正ではないという意味が
解らないのですが、しかし、マーケットは出た数字に
反応します、、、ということで、

先週の雇用統計のポジティブサプライズ受けて
18000円台に乗せた日経平均先物に寄せる形で
高寄りした日経平均も、利食い売りに押されマイナス圏に。

それでもやはり後場には日銀が買い出動しましたね。
 ETF374億円 J-REIT13億円お買い上げ。
前引けでマイナスだと買い出動か?と思われてきていましたが、
今日は前引け時点ではマイナスじゃなかったので、
ルールがいまいち解りません。。。
前場で一時的にでもマイナス圏に沈むと、
前引けプラスでも買うってことなんでしょうか。

ということで、GDP速報値ショックの時も結局そうでしたが、
何が何でも下げさせないという日銀と年金パワーを感じます。

日経平均はかろうじてプラスで引けました。

+15.19円 17935.64円 高値は18030.83円

ということで、やはり選挙前の下落はないのかもしれません。
素直に下げる時に下がったほうが買いやすいのですが。

**************************

ドル円相場もGDPショック受けて調整気味。
今日は121.84円まで上昇した後、120.66円まで
1・20円程度の下落となりましたが、

このところのドル円相場って、2円を超える調整がありません。
ということで、そろそろ反発するかなぁ、、というのが
120円ミドル近辺かと思われ、買ってもいい水準かもしれません。

ということで、120・78円でロングしてみました。
押したら買いを素直に。。。ということで、
珍しく素直なトレードです(^^;

15分足の200SMAで綺麗に跳ね返っているように見えますが、、、
選挙前ですのでいよいよ大きな利食いで
大きな下落になる可能性もあって、ちょっと怖い。
珍しく素直になったんだから、上がって~

あまり長期で持つつもりは、、今のところありません。
投開票がある週末に向けて、どこかでまた手仕舞って
また買い場を待つというような回転トレードをするつもり。。

0時10分頃に発表された11月労働市場情勢指数は、2.9

10月分は 3.9 これも4.0から下方修正です。

10月分が下方修正され、それと比較しても悪かった、、、
ということで、またしても早期利上げ観測が後退するのか?
ドルはこの結果を受けて弱含み。

今週はちょっと神経質に動きそうですね。
トレードは休むべきなのかもしれません・・・。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社