2014年12月17日水曜日


ボラ激しい~!
NY時間は米株、原油、ドル円と猛烈に戻っています。上昇中。

欧州時間まではそりゃもう酷い下落だったんです。
ロシアデフォルトか?!ロシア危機再来・・・くらいの勢いで皆ネガティブ。

東京時間で日経平均は ▲344.08 16755.32円まで落ちるし、
その後の欧州時間の日経平均先物では 16440円まで下がったわよ。

代表的なインデックスの値動きを追うと、、

★東京/欧州時間 キャー原油安でロシアデフォルト!? 投げ売り~

日経先物 16440円 
ドル円 115.56円
WTI原油 53.60ドル(2009年来の安値)
ダウ先 17050ドル  などの安値を更新

↓ ・日経平均16500円の買い指値ヒット
  ・ポンド円182円指値ヒット
  ・豪ドル円 96.05円飛び乗りロング

★NY時間 一転買戻しよ~!もう底入れかもしれない??

ダウ平均 17427ドルまで戻す
日経先物 16890円まで~
ドル円 117.75円
WTI原油 57ドル台タッチ
(1:50時点までの推移)

・原油ショート買戻し 55.06ドル 

今日はかなりトレードしてます。
デイトレではもっといろいろやってる(^^;

記したポジションは比較的中期で持てるんじゃないかな??と
目論んでいるものと、長らく持っていた原油ショートを
買い戻したって報告です。

ここで底入れ、、、かどうかはまだ判断しかねますが、
今日のNY時間の戻り方が大きかったので、
まずは利益を確保してから、次の出方を考えようと思って。

******************************

一体何があったのか。整理しておきます。

東京~欧州時間までの下落の背景はロシアルーブル。
原油安が効いているんでしょう、ルーブル安が止まらず、
昨日ロシアは政策金利を10.5%→17%に引き上げました。

一気に6.5%も利上げするなんて。。。先進国では考えられません(^^;

ロシアのルーブルは年初来、50%も下落する異常事態。
これをなんとかしなければ、、、ということからの利上げですが
ここまで追い込まれているということでもありますね。。。。

利上げ後ルーブルは猛烈な勢いで買い戻されて、
昨日12/15に10%下げたものをほぼほぼ全戻しするくらいまで
効果があったのですが、、、

その効果、たった1日だけ!!この5日の動き。


そもそも1日10%下落した昨日の動きって1998年のロシア危機の
ロシアデフォルトの時以来なんですって。

それなのに、今日は、それをさらに上回るボラティリティ。
今日のドル・ルーブル相場はロンドン市場で
80ルーブル突破するところまで再下落!!!

チャート見ていただけるとわかるかと思いますが、
利上げ効果が一時的に終わってしまって、
再下落(ドルルーブルなのでチャートは上昇ね)のゆる戻しが大きい。

これを見て、マーケットが大荒れに荒れたわけです。

6.5%利上げしても効かないなんて!!

でもね、、、このチャート見てると、セリングクライマックスっぽいよね。
こんな天井つきのチャート、なかなかないですよ・・・・。

ただ、原油が本当に下げ止まったのか、
原油安によって引き起こされるレパトリが終わったのかは
まだ確信が持てないので、ルーブルが下げ止まったともいえないのですが。

国営石油大手ロスネフチは最近、6250億ルーブル(86億7000万ドル)の社債を
発行しており、調達資金を外貨に交換するのではと不安視されているようです。
そうなればルーブルがさらに下落すると目されているようで・・・。

また、ロシアの危機についてはMarketHackの広瀬さんのブログがためになります!
http://markethack.net/

私も、日経平均、豪ドル円、ポンド円は拾ったものの、、、
もっと下がることを想定していたので、
ドル円を拾えていません。

それと、トルコリラももっと買い増したいな~と思っていて
指値していた注文がHITせず。これで調整終わりだとちょっと物足りない?!

まだわかりません。
今夜は単なる揺り戻しで、明日から再下落があるかも?です。
まあ、ゆるゆると買い指値を散らしておくことにします。

原油はボラが高いので、しばらく手を出さず様子見。

******************************

さて、おそらく今年最後のビッグイベントが明日のFOMC.

焦点は声明文の「considerable time」(相当なの期間)という文言が
削除されるかどうか、、、、

だったんだけど。

この原油安と新興国にまで飛び火したリスクオフの流れの中で
文言削除となれば、さらに新興国通貨下落となりそうですし、
不安定な株価への影響も懸念されるかと思いますので、
明日は文言削除はないんじゃないか?ってムードになってきていますね。

12月5日の雇用統計の数字を見た後は、文言削除がコンセンサスとなっていた
のですが、この原油安から引き起こされた株安、新興国下落は想定外・・・。

つい先週までは「considerable time」(相当なの期間)を削除して
「patient」(忍耐強く)という文言に代わるという予想だったのにね。

**********************************

豪中銀は、12月の理事会議事録を公表しました。

「最も賢明な路線は金利安定の期間」として
早期の利下げが示唆されなかったことで、少し買い戻されたかな?

ただ、「均衡の取れた成長にはさらなる豪ドル安必要となる公算」
という見解も示されていて、早期利下げの思惑は強まらなかったものの
RBAが豪ドル安を望んでいることは改めて確認できたということで
豪ドルの戻りは弱いと思われます。

今日は豪ドルとの相関が高い中国の指標が発表され

中国 12月   HSBC製造業PMI が 分水嶺の50割れ。

結果 49.5 前回 50.0 予想 49.8

豪ドルを買う理由はないようですね。。。

私が今日豪ドル円を買ったのは、ドル円が再上昇すれば、
クロス円も上昇するというだけのこと。
GPIFは海外債券や株式も買うといっていますので、
豪ドルなども上がると思っています。
随分豪ドルは下げて、今日、日足の一目の雲を下抜けたのですが、
その後、下ひげを付けて反発しており、雲がサポートして
戻る可能性にかけてみました。

再下落があってもせいぜい10月の安値91円台でしょう。

ただ、怖いのが、ロシアだけじゃなくて、チャイナリスク。

今日はこんなニュースを見つけました。

このところのドル高で、ドル建て債務の返済負担が増幅しているが、なかでも中国の負担増が市場の一部で話題となっている。 国際決済銀行(BIS)が7日公表したデータによると、第2・四半期の新興国向け国際融資は中国向けが最大となり、4分の1以上を占めたことが分かった。 中国向け国際融資は同四半期に1兆1000億ドルと、650億ドル以上増加。年初から6月末の累計では約50%拡大した。 中国では景気後退が続く中、「ドル高がさらに進行すれば、返済負担に耐えられない借り手が出てきてもおかしくない」(アナリスト)とされ、新たなチャイナリスクが浮上する可能性があるという。 


ルーブル安だけがリスクじゃない?!
ドル高になることで、中国の返済負担が大きくなるって構造なのね。

地雷はあちこちに埋まっている!

そんな中で、また下がったら、日本株、ドル円は買い拾う戦略で。

でも、買い値より下がるようなら、速やかにやめる柔軟さは必要よ。

今夜はNZのフォンテラのミルク価格オークションの日。
前回比+2.4ということで、ひとまず安心?!
なんか今夜はミルク価格よりも原油価格、そしてルーブルよね。

***********************************

それと、ちょっと興味深いtweetをご紹介。

@Kamada3 さんです。

このチャートを気にしている人が結構いるようです。米国の新規失業保険申請者の推移です。(灰
色の部分は景気後退期)最近40年間を見た場合、30万人まで下がると、申請者数は上昇に転じる傾向があります。最新の数字は30万人を割っています。 pic.twitter.com/3OaneMWrgJ

なるほど、面白いですね。
利上げは意外と遅いかもしれません?!

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社