2014年12月21日日曜日


きゃ~MarketHackの広瀬さんのブログ
FOMC考察について、ご指南いただきました~感激。

ひろこさん、ここは、こう読むんだよ 
「初夜」完了の米国株、ブリブリのBullishでオッケー
http://markethack.net/archives/51948985.html

なるほど、

◇「とうぶんの間」というのは、翻訳すると「あと6か月は、利上げしませんから」という意味

◇「辛抱強く」というのは、翻訳すると「2か月は放置プレイにしておいて、その後、この問題を再検討します」という意味

なのだそうで、この二つの言葉を併記されたFOMC,
なんだか良く解らないけれど、リスクオンですね、、と書いた私に

~2015年4月までは利上げしないということです。

とズバリ教えて下さった広瀬さん。ありがとうございます。
承知しました、ブリブリBullishですね!!(≧▽≦)

今後もいろいろ教えて下さい♪

*********************************

ということで、今回の原油安ショックで
日経平均16500円、ポンド円182円指値がヒットしたロングは
もうちょっと持ってみてもいいかな?

ただし、今週はクリスマス。
欧米勢はさすがにクリスマスはオヤスミです。
市場が閑散となりますが、、、彼らはクリスマスが明けると
新年度入りで早速市場に戻ってくるんですよね。
ひょっとすると、26日㈮にはやる気満々で動いてくるかもしれません。

今週は週前半のクリスマス入り前のポジション調整と
週後半の新年度入りでニューマネー流入とで
動きが全く逆になるかもしれません。
もし、同じ方向に動くとしても、後半に加速するとか、
そいいうメリハリの効いた相場になるんじゃないかなぁ。。。

で、ここはぶりぶりブリッシュで行こうかと思います(笑)

日経平均のチャート、見事なアイランドリバーサルボトム型の
上昇パターン示唆とみていいんじゃないかな?


原油安、ルールブル暴落、ロシアデフォルト危機へ?などと
騒がれた先週までの相場が嘘のような強烈な「戻り局面」に
入ったと考えているのですが、これ、あくまで揺り戻しでの上昇。

年末年始の警戒が強まれば強まるほど、昨年型の強気相場が再現
されるというような相場となる予感がしますが、
やはりこれは短期的なものとみて、警戒は緩めずに行きます。

やはり原油安の影響がどのような形で信用不安につながるかは
まだ把握しきれないから・・・。そもそも、原油相場が底入れしたか
どうかもわかりません。

チャートやサイクル的に「プルバック」戻り局面に入った可能性はあって、
原油市場もひょっとすると80ドルくらいまで上がるかもしれませんが、
その後は再下落し、本当に40ドル台、行き過ぎると30ドル台ということだって
あるかもしれません。サイクルからはまだ大底確認はできない、と
投資日報社の林氏が指摘しています。
ただ、短期的には買い場、プルバック入りだと。
詳しくはこちらを→サイクルから見た原油、金~プルバック期間へ?!


先週55ドル台で原油ショートも買い戻していますが、
短期的には買ってもいいかもしれませんね、押し目買い。

そうして、原油下落リスクが遠のいていくような錯覚に包まれる中で
株価も猛烈に戻っていく、、、というのが年末年始相場。(妄想)

で、原油の再下落がある前に、日経ロングは利食った方がいいかな。
クロス円も同じようなサイクルとなるかどうかは難しい。
ポンド円は戻り局面にありますが、
ポンドドルは弱いでしょ。

英国ロンドン住宅市場からロシア人が消えた、、、なんてニュースも。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGS7IJ6K50XX01.html

ポンドドルは長いレンジ相場に入ったように見えますが、
米国の利上げの時期がテーマとなる中で、ポンドがレンジを
上にブレイクする可能性は極めて低いとみて居ます。
ということで、先週のショートのタイミングはばっちりだったと
思っていますので(レンジ高値圏)このままポンドルショートは保有継続、

ポンド円ロングも、ストレートが下落圧力が強い中では
よほどドル円が強い上昇再開とならない限り、強気継続はできず、
どこかでさっさと利食ってしまわないと、と思っています。

ドル円も、12/8の121.85円レベルを試すことはあっても
ここを一気にウワ抜けてさらに上昇するというようなトレンドを
描くとは考えにくく(だって、この秋9月~12月で20円も上げたのよ)
レンジ相場に入るのではないかと考えて居ます。

ということで、ポンド円、日経ロングは利食い場探し。
ポンドドルショートは長期保有で一段安となる機会を待ちましょう。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社