2014年12月2日火曜日

日本株、ドル円相場は格下げにも動じず。

消費増税見送りで日本国債格下げはある程度
予想されていたこととはいえ、もうちょっと
買い場を提供してくれても。。。(売られても、、、(^^;)

やはり買い気は強いですね。
あまりにスピードが速いドル高のスピードに
輸入筋が買い遅れているとは言われていますが、
こうしたネタでちょっと下がるとすかさず買われる。

だから下がらない。

日本株も寄付き直後は日経平均が113円安と売られて始まったのですが、、、
昨晩はNY市場の株も弱く、格下げの影響もあるだろうから
今日は調整ムードで終わるのかと思ってみていたら、
どんどん下げ幅を縮小させて、結局はプラス圏に。
日経平均は3日連続高です。

今日もやはり日銀が374億円ETFを購入しています。
興味深いのがその金額で、
10月31日の日銀のバズーカ2と呼ばれる追加緩和策の後は
ETF購入額は1回380億円だったんですよね。

11月5日、10日、14日、17日、21日、27日の6回
ETFを購入していますが、全て380億円でした。

今回は374億円。6億円少ないのは何故??

推測にすぎないのですが、日銀は今日2日から
JPX400インデックスも買い始めたということなんじゃないか?
これまではTOPIXのETFのみだったのですが、
今日から早速JPX400を買ったんじゃないかなぁ、、、だから
昨日までとは金額がそろわなかった、なんてことはないかな?
推測ですけれど(^^;

ちなみにJPX400連動のETFって5本もあります。

1591 時価総額は約1400億円
1592 240億円、
1593 547億円、
1599 270億円程度。
本日上場の1364は283億円程度、ということで
注目ですね。もうどれもこれも高値にありますが(^^;

ドル円は下がったら買おうと思っていたけれど、
この格下げショックでは買えなかったなぁ・・・。
だって、ショックと言うほど下がらなかったんだもの。

***************************

さて、昨日ロングしたドル建ての金。
すさまじい上昇劇を演じてくれました。

1140ドル台から1220ドル台まで80ドルも上がったんですよ?!
このレベルの値幅で動くのは昨今では下落の時だけ。
今回は上昇、、、何があった?

背景にはインド準備銀行が国内の金輸入業者に課していた
輸入量の20%を輸出に振り向ける措置の撤廃を
発表した、ということもあったかと思いますが、
やはり、ショートカバーでしょう。売りの買戻し。

ファンドの撤退に伴うポジションクローズでもあったのでしょうか?
確かに最近、世界の債券市場で金利が低下しています。
債券市場にまったく妙味がない。
低金利が続く、、、どころか加速しているために
やはり金に資金が戻っているとも考えられますが、
昨日のような上昇をみていると、やはり金は
実物資産で持っておきたいと思うわよね。

TOCOMのチャートも凄いわよ。
円安が来てるから、そもそも下がって居なかったのですが、
加えてドル建て金が上昇したものだから
すさまじい巻き返し。5000円を目指す展開なんじゃないかしら?

ということで、金の値動きには今後も注目です。
1207ドルで一度利食いましたが、
再度1198ドルで買い直してみました。

*****************************

原油は売り目線でみています。
40ドルくらいまで下がるんじゃないかしら?
ということで、原油は68ドルでショート。

*************************

為替のトレードに今アイディアがなくて、
豪ドルの戻りをロングで取ったりするデイトレを
ちょこちょこしている程度。

ドル円ロングが王道なんだけど、買いそびれ。
今週はユーロドルがECB理事会で動くでしょうから
そこに向けてどういう動きを見せるのかで、
何かひらめけばポジション取りますが、
今のところユーロドルもレンジでやりようがないわよね。

11月雇用統計の予想は

非農業部門雇用者数が+22.5万人、失業率が5.8%
10月実績は前月比+21.4万人、失業率は5.8%。

先月と同じくらいという予想ですので、波乱はなさそう。
予想から乖離すればドル円も大きく動くのですが、、、。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社