2014年12月14日日曜日

選挙、ちゃんと行きましたか?!

結果はおおむね事前予想通り、自公で3分の2確保、
自民党だけでみても単独過半数は取れると思われますが、
300議席確保できるかどうか、、、については各メディア予想が違うようです。

予想したほどの圧勝ではない、という結果になりそうな気もしますが、
与党圧勝は確実。ほぼほぼ予想通りではあるため、
選挙を受けた「サプライズ」的な反応はないと思われる開票速報。

選挙がマーケットに与える影響は「サプライズ」ではなくて「材料出尽くし」と
なると思われますが、投開票前の1週間に日経平均は
18030円の高値から17043円まで1000円近くの下落に見舞われており、
先んじて調整は済んだという見方もできないこともないのですが、、、

12月15日㈪のマーケット選挙結果を受けてどう動くか、、、というより
NY市場での米株下落や原油安の影響がどう出るか、が気になりますね。

ダウ平均 ▲315.51ドル 17280.83ドル

10月30日以来ほぼ1カ月半ぶりの安値。
下げ幅は10月9日以来ほぼ2カ月ぶりの大きさ。

恐らく原油安を嫌気していると思われます。
WTI原油価格は57ドル台まで下落。5年7カ月ぶりの安値。

原油安が今後、レパトリを引き起こすという懸念が膨らんでいますが、
すでに始まったのかしら?中東オイルマネーが投資していた資金を
引き上げキャッシュ化するとか、シェールに投資していた資金がデフォルトし
利益が出て居る市場を手仕舞って補てんするとか、そういうリスクは
恐らく「ドル高」「円高」を招くと思われます。
ドル高円高って、典型的なリスクオフの時の値動きですが、
クロス円 の値動きを見ていると、すでに始まっているような気も。。。

週末のNY市場のリスクオフ的な動きと選挙結果を受けて
月曜の東京市場がどう動くか、予想は難しいですが、
日経平均16000円台、ドル円の115~6円台に買い指値を
散らしてあります。そこまで下がると思っているわけではないのですが、
下げて上手く買えたらラッキーでしょ。

基本的なファンダメンタルには変化なし。
円安、ドル高、日本株買いは継続すると思われますので
こうしたイベントで下げたところや、原油安によってもたらされるショックで
大きな下落があるならば、そこは買いのチャンスと思っています。

基本的には原油安は経済に悪影響ということはないでしょう。
怖いのは原油安で損失が出たファンドなどの破たんやレパトリで、
(ロシアなどの地政学リスクも懸念材料ですが)
これが一巡すれば再び上昇基調回帰となると思います。

さて、どこまで安値があって、どこで拾えるか。
そんな相場なんじゃないかと思います。

あ、原油ショートは上手くいってます。かなりの値幅取れてます♪

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社