2015年1月9日金曜日


昨年までだったらECB理事会がある夜・・・

毎月第1木曜、欧州の金融政策を決める会合があったのですが、
2015年からECB理事会開催スケジュールが変わって、今夜は静かです。

2015年ECB理事会 6週間に1回開催
   1月22日
   3月5日
   4月15日
   6月3日 
   7月16日 
   9月3日 


ドル円相場は今日の東京時間もしっかりと推移、
119.96円まで買われましたが、
120円の大台乗せ目前で現在失速しています。

ただ、今夜の米株市場もしっかりで、現在1:10
ダウ平均は300ドルも上げています。決して弱い相場ではありません。

ギリシャのEU離脱のリスクは1月25日の国民投票の結果を見るまで
ひとまず結論が出ませんし、ECB理事会は1月22日ですし、
今からユーロリスクを囃し続けてリスクオフ相場を
続けるほどの弱気なセンチメントじゃないってことね。
弱気に飽きてしまったような感じ。

それに今日はECBドラギ総裁が、議員に向けた書簡で
「ECBの措置にはソブリン債購入を含む可能性」
「ECBは2015年初めに金融政策を見直し」
を示したことも材料視されているようで、
欧州の量的緩和導入思惑がなお強まったことが
米株市場にもお年玉的効果をもたらしているのかな?

ユーロはこのニュースで売られて
21時20分過ぎに1.1754ドルと2005年12月8日以来の安値を付けるも
リスクオフ的に崩落するという下げではなく、
節度ある弱気。これはいわゆる綺麗な下落トレンドを描いている相場。

暴落があれば、反騰も大きいですが、そういう下落じゃないだけに
戻りも弱いのよね。こういう相場が一番ポジションテイクがしにくいの
ですが、これは昨日のブログにも書いたように、
SNBによるユーロスイスでのスイス高防衛のためのユーロ買いスイス売り介入後、
外貨準備の中で膨れたユーロをユーロドル、ユーロ円など他通貨ペアで
ユーロを売ってリバランスしている、というオペレーションによるもの
だという西原さんの見方が、しっくりきますね。

原油は、決して底入れして上昇に転じたとは思えないものの
下げ渋っていることも、株式市場にはプラスで、
明日の雇用統計前に買戻しがかなり入っていますね。

短期的なショートの買戻しなのか、新規買いなのかわかんないんだけど(^^;

今日8日の日経平均はなんとなんと
281.77円高の17167.10円

NYダウ平均はその流れを受けて300ドル高。

明日の日経平均も堅調地合いが予想されます。
シカゴ日経平均先物は17380円。
今日の日経現物終値よりも200円あまり高いですものね。

ただし、昨年高値を超えていくほど買われることはないでしょ。
明日は雇用統計ですし、利食い、手仕舞いもそれなりに出ると思います。
為替市場でも120円台に乗せる局面があるかとは思いますが、
昨年高値の121.84円を超えられるとは考えにくいですね。

短期トレードなら120円台は一度売ってみるもの面白いと思います。
ただ、私は今年はスケールの大きい上昇相場となると思っていますので。
下がったら買う方向でいきたいかな、、、


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社