2015年2月3日火曜日


週明け月曜のシドニー時間(東京時間オープン前)
ドル円相場は116.60円くらいまで下がったみたいね。

東京時間までには戻ってきて、東京早朝の安値は116.90円台。
116.60円は幻の安値となったようですが、それにしても、117円台ローから
118円台のレンジだと思っていたから、116円台示現ってのはちょっと驚きでした。

私のドル円ロングは一度切れちゃった(笑)
でもすかさず買って(117.23円)今日117.69円で利食いました。
というか、長く持ってられませんねぇ。

今日の日経平均も116円安でしたし。買いのパワーは弱いです。
先週末のダウが251ドル安だったことを考えれば当然か。

その割には日経平均は底堅いですよね。
今日も日銀のETF買いが出動していましたし。
2月2日、日銀がETFの買入れを341億円実施。
J-REITの買入れも12億円実施。

ちなみに2015年1月日銀がETFを購入したのは全19営業日のうち10日。
全てに共通するのは、日経平均株価が前引け時点で下落していたことで
相場が下がった局面では漏れなく日銀が買い出動していました。
ETF累計買い付け額3443億円。過去最大規模です。
年間の買い入れ金額の1割をすでに使ってしまっています。
すごー。

ということで、ドル円はそれほどビビらずロングでいいと思うんだけど、
買いっぱなしじゃ利益にならないので、買って、利食って買って利食って、、、
を繰り返さないと。日経平均も同じか。

**************************

ただ、米株がかなり神経質よねぇ。

今夜もダウが急落 17037ドルまで下げました。
ところが、これがV字で戻ってて、現在すでに17223ドル。
ボラティリティ激しいわね。

ダウは見事に200日移動平均線にタッチしてから戻り始めた。
テクニカルかなり意識されているようです。

10月の安値17067ドルを割り込んじゃったので、チャート的には
弱い形でも、200日移動平均線はまだ上昇を描いており、
このラインタッチで戻りが入るなら、調整完了と見ることもできます。
今日の安値が10月安値を割り込んだってことがダマシになって
底入れって可能性もあるんじゃないかな?
(これは完全なチャートからの見方で、ファンダ一切無視の妄想だけど。)

となれば、日経やドル円もここから本腰入れて強気でいいと思うのですが、
どうでしょう。。。株式市場に比べて為替市場のボラティリティは低いですね、最近。
今夜ドル円が勢いづくイメージはあまりないですが、
粛々と下がったところを買ってみようと思います。

あ、今朝のドル円116円台までの円高ってストップオーダー巻き込んでの下落
だったようですが、なんとアメリカでスパーボールの試合があるから
それが見たくてストップつけちゃった、なんて噂もあるみたい(笑)
西原さんのメールにあったネタですが、そういうことなら
試合が終わればまた戻ってくるし、リスクが生じての円高じゃないなら
それほど不安視することはないってことですね。
アメリカらしいというかなんというか。

あ、サッカーのワールドカップの時は欧州勢が試合を見たくて
為替市場、変な動きをすることがあったり、ぴたりと動かなくなったりする
なんて話もあります(笑)

それと、今夜米株が急落した背景は
米国1月ISM製造業景況指数の悪化。

53.5と、市場予想54.5を下回り 12月の55.1から低下。
昨年1月以降1年ぶりの低水準となりました。

12月建設支出は前月比+0.4%、
11月の▲0.2%からプラスに改善したのですが、
予想の+0.7%を下回っていたことの方が嫌気されたようです。

それでも、結局売り込まれたのは最初だけで、
現在ダウは前日比プラス圏。
200日移動平均線サポートは堅そうです。

米株がここから勢いよく戻るということがなくても、
日経平均は明日結構上がるんじゃないかな?

**********************

明日お昼12:30にはRBA,オーストラリアの政策金利発表があります。
利下げの思惑が出てきていますが、さて?!
見送れば、ショートカバーが入って豪ドル高。
利下げ表明があれば、豪ドルドーンと売られると思います。
当たり前だけど。

***********************

今夜は原油を48ドルで買って49ドル台で利食いデイトレ成功。
原油、上に行きたがっているように見えます…。
ストライキのニュースが支援材料という話も。。。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社