2015年2月25日水曜日

お席も残りわずかです!!
弟子入りしてから8年間、その背中を追い続けてきた
プロップディーラー大倉キャプテン、トレード成績は8年負けなしです。
大倉たかしキャプテンのトレード思考を詳らかにするセミナー、満を持して開催決定。

あらら~今夜は株がさらにぶっ飛んでるわ。

NYダウ、S&P500、ナスダック総合指数、日経平均、、、
みーんな上がってます。日経平均は18700円に手が届きそう~

確かにテクニカル的にも、これまでの高値を超えてレンジを上方ブレイク。
上値抵抗がなくなったので、値が飛ぶのがセオリー。
正にテクニカル通りの値動きね。

しかし、株高なのに、ドル円相場は相変わらずの119円台。
日経平均が上がっているのに、ドル高は抑制されている、、、
(現在の日本にとっては理想的な値動きが加速してる状況)

何故かというと、、、
利上げが予想より遅くなりそう~?!って思惑が市場に広がったのね。

利上げが遅れるかも?ということは。。。

→ドル高の勢いは削がれる(むしろ利食われる)
→低金利、じゃぶじゃぶ政策はまだまだ続く、安心して株を買おう!

きっかけは、イエレン議長の議会証言ですね。

ポイントは
「利上げ前にフォワードガイダンスを変更する」と述べたこと。
(「ゼロ金利政策の時間軸を示す指針」を変更して市場に周知するということ)

つまり、利上げはFOMCで突然発表しませんよ、
その前のFOMCで、フォワードガイダンスを変更して、
利上げ準備が整ったことを、皆さんにお知らせしますよ、
利上げはその次以降に発表しますよ。ってことね。

具体的に言うと、
12月以降FOMC声明に記載している
「忍耐強くいられる(patient)」との文言を削除すると述べています。

この文言が削除されるのが合図です。
その時に利上げを同時には発表しません。

ただ、同文言の削除は、
ある時点で必ず利上げが実施されることを保証するものではなく、
FRBが毎回のFOMCで利上げを検討する方針に
シフトしたことを示すものとなる、ということですから、
文言が取れたからといって、その次に利上げするかどうかは
わかりませんよ、それはあくまで状況によりますよ、とも言ってる。

現状においてはその「忍耐強い」文言が残されているわけですから
少なくとも今後2会合においてはゼロ金利維持を意味でもあります。

つまり、あと2回のFOMCでは利上げは発表されない。

えーと、ここでFOMCスケジュール。

① 3月17-18日
② 4月28-29日
③ 6月16-17日
④ 7月28-29日
⑤ 9月16-17日
⑥10月27-28日
⑦12月15-16日
16年の初回のFOMCは1月26-27日。

あれ、、、なーんだ。あと2回って3月と4月だと仮定すれば
6月利上げの可能性もゼロじゃないんだわ。

じゃあ、あんまりサプライズじゃないじゃん。。。。

と思うのですが、具体的に利上げの工程を示したってことと
どんなに指標が良かろうが、6月より前になることはないという確信で
株が買われているのね。

あ、あとこんな発言もあったらしいわ。
「経済の回復は顕著だが、利上げ水準には達していない」

そりゃドル売りにもなってしまいますが、(^^;
それほど崩れているわけじゃないです。
ドル円は118.95円まであったかな?
直前に119.83円まで上がってたので、1円は下げましたが、
それでもレンジの範囲内ね。

だって、結局南極米国が
最も早く利上げするだろう事実には変わりはないワケで。

それでも今夜は米国債利回り低下してますので、
ユーロドルとか、ポンドドルなんかでもドル安気味。

おかげで私のポンドドルロングも、そこそこ安定して利が乗ってきました。
ポンドドル、昨年夏からの下落トレンドから23.6%戻してるんだけど、
38.2%戻りくらいまで上昇しないかな…と思ってみています。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





http://clickfes.jp/spinoff_vol3/

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社