2015年2月20日金曜日



18日㈬NY時間に発表されたFOMC議事録でドルが急落。
ドル円は119.20近辺にあったものが118円半ばまで一気に下落。
この下落の様は典型的なアルゴの売りって感じでしたねぇ。

その後値を戻すも結局レンジの中での値動き。

方向が出るイメージがないのですが、
日経平均が15年ぶり高値を更新、18000円台を確り固めてきたのに
ドル円が上がらないというのが何故なのか?!

西原さんの見解はコチラ。
http://zai.diamond.jp/articles/-/172688

こちらの記事もよくまとまって解りやすいですね。
http://jp.wsj.com/articles/SB11096553489394754382504580470783524293238

「多くの出席者が利上げを急ぎ過ぎることに懸念」
「ドル高は輸出の『持続的』阻害要因」

要するに、米国側からこれ以上のドル高はマイナスであるという
声が高まっているということです。
それが議事録で改めて確認された。
しかも、利上げには慎重であるという姿勢も確認されたことでの
ドル売りということです。

日銀の金融政策も現状維持。

しかも4月の統一地方選挙を控えて与党としても
これ以上の円安は選挙戦にマイナス。

という両国側の思惑が一致した形で
ここから、これ以上の「ドル高円安が進まない方が好ましい」と
いうことなんでしょう。

となると、ここから先も長いことレンジになりそうよ。。。

で、株もレンジになっちゃうと辛いとこだけど、
日本株は管制相場、安くなれば粛々と買いが入るわけで
1月から2月のリスク懸念で売りこんだ向きがあきらめて
買い戻しただけでも随分押し上げられちゃったんじゃないかな、と思います。

新値更新で、新たな相場をぐいぐい形成できるかどうかが注目ですが、
株に関しては、米株の変動も意識されますから
米株が崩れれば、日本株も一度水をかけられることになるでしょう。

FOMC議事録で利上げを急グべきでないという声が
あることや、ドル高牽制の声もあったことを好感して
今後への安心感が広がったような動きで
米株にもあまり下落リスクはないようですので、
あまり心配することなく、ここから押し目買いでいいと思いますが。。。
日経平均ロングは継続保有です。

それとポンドロングも継続中。

今一番取りにくいのがドル円。

レンジの逆張りが得意な方には、いい相場なんだろうな~

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社