2015年3月1日日曜日


先週は、ギリシャ支援4か月延長合意で世界の株価がリスクオン!
ダウ平均も史上最高値、ドイツDAXも連日の史上最高値更新、
そして日経平均も18800円台示現の上昇。

2月半ばに18000円台に乗せてからは踏み上げ相場の様相で、
株価は一方向に糸の切れた凧のような上昇ですが、
ドル円相場は118~119円台でモタモタしていた動かず。

この「日経とドル円のデカップリング」の不思議について
大倉キャプテンが週末のYMTVセミナーで解説くださったのだけど、

◆日経の買い手は本邦勢ではない。

・確かに日銀のETF買いは2月10日以降ありません。
http://www3.boj.or.jp/market/jp/menu_etf.htm

そりゃそうです。
株価が下がらないので、支えるために買う必要がない。

・GPIFの運用成績が月末ということで発表に。
GPIFが予想超える日本株買い、「余力」大きく期待残る
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LV11L20150227

年金買いじゃないか、という指摘もあるようですが、
週末発表された数字は10-12月期のもの。
昨今の状況はわかりません。

記事では、まだ買い余力が5兆円ある試算だということですが、
今後下がる局面があれば出てくるものと思われますが、
高値更新時に高値を買ってくる性質のものではないでしょう。


・KKR(国家公務員の年金)が買った?という思惑

KKR、国内株運用比率25%に引き上げ
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1510364&newsType=stock

週末のカンフル剤がこのニュース。
どこにも、KKRが買ったとは書いていませんね。
これまでにも安い局面では買っているのかもしれませんが、
公務員年金です。高値掴みはしないんじゃない?
おそらく、今週はこの発表があって売り方が慌てて買い戻したんでしょう。

KKRがGPIFに比率をそろえることで1兆2000億円の国内株買い余力
さらに、地共連、私学共済年金も同様にGPIFと比率をそろえると、、、
11兆円の日本株の買い余力があることが明らかに。

約130兆円の公的年金を運用するGPIFは昨年10月に基本ポートフォリオを見直し、国内株式を12%から25%に引き上げた。こちらの国内株買い余力は8兆円。単純計算になるが、GPIF8兆円、KKR1.2兆円、地共連1.7兆円、私学共済0.6兆円を足すと国内株式には約11兆円超の巨大な買い余力が発生したことになる。日本株とっては大きな追い風となりそうだ。

◆海外勢はドル円市場で円売りをしていない。

IMM通貨先物ポジションを見れば一目瞭然。


日経が高いのに円売りが減ってる、、、ということは
海外勢がこれまでの「日本株買い、円売り」というセットでの
取引をやらなくなっているということです。

海外勢は、日本株を買う際に、円を買う(円で日本株を買うから)

でもアベノミクス、黒田日銀バズーカ、貿易赤字による需給で円安になるから、
日本株を買うために円買いした為替部分では損そしてしまう。

ということで為替取引上において「円売りのポジション」を作ることで
日本株を買うための円買いをヘッジしてきたわけですが、
これを辞めているというのが大倉キャプテンの見立て。

何故?!

彼ら回外勢も、貿易収支の赤字縮小(近いうちに黒字化するという試算も)を
意識しているというのです。だから、ドル円で円売りはしない。
しかし、株式市場では本邦当局によるさまざまなカンフル剤に驚いて
日本株を買わざるを得ない状況になって、慌ててショートを買い戻した、
と思われるということ。

日本株の上昇は

①売りの買戻し
②新規買い
③裁定取引のヘッジ外し

のどれだかわからないとしながらも、たぶん、売りの買戻しじゃないか、
とキャプテン。だとしたら、新規で買ってきたらどうなっちゃう?!

日経平均もさらに買われ、為替市場も結局はこれに連れて
レンジを上に放れるんじゃないか、と予想。

ただ、キャプテンは4月以降は売り目線だとおっしゃってるので、
長期的に日本株、ドル円がどこまでも上がるとは思ってらっしゃらないようで。
この辺りのストラテジーはまた2週間後の「YMTV本音で言わせて」で
伺いますね。

短期的には、どんどこ上がるバブル的な相場がきそうです。

金曜には黒田日銀総裁が
日銀総裁が目標柔軟化に反論、デフレ脱却「十分な速度と勢い」で
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0LV09I20150227?sp=true

「15年間続いたデフレから脱却するには「ロケットが強力な地球の引力圏から離れるときのように、大きな推進力が必要」

と発言したことも注目されており、日銀が年内どこかでさらなる
追加緩和策に踏み切ることも想定されます。
これもイケイケ相場のトリガーとなってきそうです。

15000円台からロングしている日経平均が、やはり今年も最大の
パフォーマンスを上げる資産となりそうですが、
こんな時こそ、キャプテンの言うように
どこで利食うか考えないといけないかしら。とも思います。
利益は最大限伸ばしたいところですが。

*****************************

ポンドドルロング、まだ利益ではあるものの、
なかなかドカンとは上がりません。
意外にしつこいドル高基調に一進一退。

先週はイエレン議長の議会証言でドル安局面もあったのですが、
結局利上げの思惑が後退したわけじゃないので
下がると買い直される流れ・・・。

金曜夜は米国の10-12月期GDP改定値が出ました。
+2.2%となって予想の+2.0%上回ったことで、
119.30円前後でのもみ合いから119.80円くらいまで値を上げましたが、
2月PMI(米シカゴ購買部協会景気指数)がなんと45.8と50を下回りびっくり。
(好況と不況の分かれ目が50)
しかも予想は58.0だったので、凄いへこみ方よね。

米国の指標は玉石混交。
時折びっくりするくらい悪いのが出てきます。
それでも利上げはあるだろう、というところに帰結しての
ドル高が続いているわけで、これ、6月に利上げがなかったら、
一時的にはかなりドル売りが強まりそうな気がします。

**************************

IMM通貨先物ポジションはギリシャ支援問題の決着見通しを背景に
ユーロショートが急減しているのですが、
それでもユーロ高になった、とは言えず、週末にかけて
またユーロが下がってきていますね。

ショートポジションが急減した、とはいえ、
高水準であることには変わりはなく、
大倉キャプテンは、ユーロショートは減らせない状況にある、と
見ていらっしゃいます。というのは、世界の中央銀行が外貨準備の
ポートフォリオの中で、高金利である南欧債なんかを
組み入れちゃったりしていて
(韓国がギリシャ債をかなり持ってるって噂があるようです)
そうでなくても、ドイツの債券利回りを見れば、機関投資家らも
ドイツ国債を相当持っているだろうことは分かりますね。

リスク後退した、とみて欧州債、あるいは欧州株なんかを保有している場合、
ヘッジでユーロを売らざるを得ないでしょう。

これはアベノミクスで日本株が上がっていた時に
円売りのヘッジ玉が大きかったのと同じ構造です。

つまり、この高水準のユーロショートはリスクオンポジションで
あるということで、今後ユーロが上がると思われる最大のきっかけは
ドイツ株が下がるなどの、ショックが欧州に起こった時。
つまり、リスクオフ時にユーロが上がる、ということになります。

今週からECBの国債買入れも含めた量的緩和政策が
いよいよ始まりますし、ギリシャのリスクも4か月先延ばしになっただけ
ですので、ユーロは新規に買いにくい環境にあり、
その切り口からみても大きく上がる見通しもないのですが、
何か欧州にリスクが生じた場合、むしろユーロが上がる可能性が
あるということは留意しておいてもよさそうです。

************************

今週はRBA豪州の政策委員会もありますね。
もう一度利下げするとの見通しが市場にあって、
それがいつになるかはわかりませんが、今週政策委員会がある
ということで、利下げを警戒する流れによる豪ドル売りが出そう。

しかし、そこは狙って買ってみたい局面です。
3月上旬くらいまではリスクオン相場継続とみているので(^^;

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社