2015年3月11日水曜日

うぉーっと。今日は日本株の凄い強さを見せつけられたわ。

昨日ポジションの半分を手じまったばかりですが(^^;

昨日10日のダウ平均はなんと332ドルも安かったんですよ。
なのに、日経平均は終値58円高。。。一時は253円高まであったくらいよ。

やはり下値では年金基金による日本株買いの期待が根強く、
下値がしっかりしていることを確認すると先高期待からの
買いが一気に優勢となりプラスに浮上した模様。

しかも、今日の上昇局面で日銀のETF買いはなし!

昨日のトリプル安はなんだったんでしょうかねぇ。。。

しかし、このところあまりにも整合性のない動きが散見されるのが
やはり気がかりですので、、まあ、慌てて買い戻すなんてことはしません。
来週に向けては慎重に参りましょう。

(ナイトセッションでは急落、反騰と神経質に動いています)

***********************

市場には
「FRBの利上げ1カ月前までは円安・ドル高が進む」
という経験則があるそうで。

今日のQUICKに掲載されていた記事からの引用ですが、

例えば、FRBが直近で利上げを実施した2004年のケースでは
利上げを実施した6月30日に先立って3月末から4月初めを高値に、
利上げ1カ月半前の5月半ばまで円安・ドル高が進行。
その後は利上げをした6月末に向けて逆に円高ドル安に転換しています。

前々回の利上げ局面である1999年も同様で、
6月の利上げから約1カ月前に円は安値のピークを付け、
その後円高・ドル安基調へと転じたことから、
今回も6月利上げとなるなら1ヶ月前の5月くらいまでは
円安が進むのではないか、という見方も一部にあるようです。

5月までかぁ、、、あと2か月上昇が続くなら
下がったところは買わないと?!
まあ、それも6月に本当に利上げがあるなら、が前提ですけれど。

***************************

ギリシャは現在、ギリシャ救済プログラムの残金約72億ユーロの融資実行を
要請しているのですが、トロイカは、
経済改革リストの検証をしなければならないことで、
3月中の融資はできない、と表明しているようです。


 本日、トロイカは、ギリシャの資金ニーズを見極める作業を開始しますが
ギリシャ政府は、13日に約20億ユーロの支払い期限が迫っており、
もし支払えなければデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が高まるとして
予断を許さない状況にあるようで、
この状況もユーロ売りに繋がっているようです。

また今夜、PSPPの効果を議論する会議が開催され、
ドラギ総裁が講演する予定となっていて、注目が集まっています。
9日に放たれたドラギ・バズーカ砲は、不発弾だったのではないか、
との懸念が高まっているとかいないとか。

たしかに、国債の買入れの勢いは弱い?ようです。
そもそもECBが月額600億ユーロも買うだけの国債がない。。。
需給的にはひっ迫しているという指摘もあって、
この辺りはまたそのうち調べておきます。

あ、週末の大倉さんとのYMTV本音で言わせて~て
キャプテンに聞いてみようかな。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社