2015年4月12日日曜日


先週の為替市場では、ユーロの下落が大きかったですね。

10日金曜日にかけてユーロドルは5日連続下落で3週間半ぶりの安値に。

特にこれといってキッカケがあったわけじゃないですが、
ユーロ圏では利回りがマイナスとなっているため、
ユーロから他の資産への資金シフトが淡々と進められている、
ということなのでしょう。

ユーロ圏の長期債利回り、日本と比較してもかなり低いですしね。
ユーロ円でもユーロ安になっちゃうわ。

日銀のバズーカも色あせるほどのドラギバズーカ、
その威力が発揮されているわけですが、
おかげでドイツDAX指数はすこぶる好調。

昨年まで日本で起こっていた「円売り日本株買い」のブームが
欧州に移っていったということなのでしょう。

IMMの円ショートはずいぶん減少しています。
代わりにユーロショートが積みあがっています。

つまり、ヘッジファンド、機関投資家らの現在のブームが
「ユーロ売り欧州株買い」であって、「円売り日本株買い」
ではない、ということです。

あ、それでも4月第1週は「日本株買い」に転じたようですね。
3月第4週は外国人投資家、日本株売り越していたんですよ。
4月に入って、やっぱり下がらないとみてひっくり返してきた模様。
ただし、日本株は買っていても、ヘッジの円ショートはしていない、
という感じですね。

4月1周は海外勢も買い越しに
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=381AAC9E7DA5B2E63AFCBA96E53C9C2C?rncNo=1532522&newsType=stock

3月第4週は外国人が売っていた
http://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/article/detail/20150403-00021063-minkabuy-column-5020

日経平均が 10日㈮ 20006円まで上昇し、
15年ぶりの2万円達成となっても
ドル円相場は今年の高値122.04円を抜けられず。
レンジが続いています。

ドル円相場では、円売りのブームが去った、、、と見えて、
市場の関心はユーロ売りなんですよね。

だから、日本株もドル円がついてこない中で
どこまで高値を試すのか見ものですね。。。

14000-5000円台のロングはずっと持っておく。
これはそのままにして、
4月中の高値は短期でショートしたいと思っています。
20000円を超えて、皆が買って買ってぐいぐい上がってくれば
売り妙味がでるんですが、、、まだ、売るには早いかも。

18000円くらいまで下げれば再度ロングしたい、というイメージ。
2000円も下がんないかな。。。5月~6月は株が売られやすい時期ですので、
米株がこのまま高値を超えられずにダレて来れば、日本株も
相応の調整があってもいいとは思うのですが、、、、

その時はドル円も115円台に向けて下落すると思っていますが、
売り場探しで現在様子見です。

ユーロショートとDAXロングは継続中。
何か日経ショート、ドル円ショートのチャンスが来た!と思えば
このユーロショートDAXショートは買戻します。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社