2015年4月3日金曜日


水曜に19160円でショートした日経平均は19300円超えで損切(/ω\)
ドテンロングに。

ユーロ円ショートも129.50円であきらめてカット。
キウイ円ショートはまだ様子見。89.51円ショートです。

上手くいっているのは豪ドル0.7735ドルショートくらいです。

はっきりトレンドが見えない時は手を出すもんじゃないわね。
これは何年トレードしていても、忘れちゃう時があって。
相場といい距離感を保つというのは難しいです。

豪ドルに関しては、来週7日火曜日のRBAオーストラリア準備銀行による
金融政策員会での利下げを織り込む動きでの下落で、
火曜の発表に向けて下げ続けるようなら、
利下げ発表でいったん材料出尽くしで、
ショートが買い戻されるかもしれません。

利下げがな買った場合、瞬間上昇するでしょうから、
そこが絶好の売り場かなと思います。
だって、結局は利下げするんでしょ?!という思惑から
また利下げを織り込む相場がスタートするってことですね。

何故豪州が利下げをしないといけないか。

鉄鉱石価格が10年ぶりの安値にまで下落しているんですね。
トン当たり47ドル、この1ヵ月で25%もの急落ですって。

鉄鋼石はオーストラリアの最大輸出品目で多くが中国向け。
中国需要が落ちているんですね。

オーストラリアの貿易収支は赤字になったり黒字になったりと
ブレが大きいのが特徴ですが、
昨年は3月まで黒字だったものが、4月以降今年2月までは
恒常的な赤字が続いています。
2日に発表された2月の貿易収支は予想ほどは赤字額が拡大しなかった
のですが、前回値が赤字拡大に修正されていました。

それにしても随分下げているのでRBA発表後には一時的には
買い戻されるリスクもありそうなので、豪ドルショートは月曜までには
利食ってしまおうかなぁと思っています。

その後の反発があれば再度ショートかな?!

それと、ユーロは買う理由など一つもないように見えるんだけど、
通貨先物ポジションでのショートは過去最高レベルにまで積みあがっていて
巻き戻しが入るリスクを抱えているわけですが、
意外に下げ渋っているというか、下げなくなってきているので
安易に売らない方がいいのかもしれません。

各国中銀の通貨構成ではまだまだユーロの保有比率は減っていく傾向に
あるようにも思いますが、Q4にユーロ比率が低下していたのは
外準によるリバランスがあったからじゃなくて、
単純にユーロが下落したから比率が下がっただけ、という見方も
あるようで、もしそうなら、外準によるユーロ売りドル買いは
この先本格化する可能性だってあるのよね。

だから、基本的には買いたくはないんだけど、、、

ユーロにはしばらく触らないでおこう(^^;

 あの大好評のセミナー「トレーダー大倉たかしの頭の中~ターヘル・アナトミア」が大阪に!!
大阪の皆さん、大倉キャプテンに会いに来ませんか?!

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社