2015年6月16日火曜日


んん??ドイツ国債利回り、再び上昇してるのかしら?

リアルタイムで動く債券利回りのデーターがなくて
2時間ディレイの情報しかないのですが、AM1:41
ドイツ国債10年物利回りは0.808%
これを受けて、深夜、ユーロが大きく上昇を始めています。

週明け、月曜のユーロ相場は、ギリシャ支援問題で
「協議決裂」と伝わったことで、ユーロ売りからスタート。
ユーロドルは週末㈮引け値の1.1266から1.112ドルまで
大きく窓を開けて下落してスタートしました。

ユーロロングは手じまった方がいいのかなぁ、、、と
様子を伺っていましたが、まだ6月は終わっていない、
つまり欧米の中間決算絡みのユーロショートカバーも
まだ終わっていない、という可能性もあるとみて我慢。

ユーロ下落の背景は、ギリシャデフォルトリスクを嫌気して
安全資産であるドイツ国債に資金が流れたってことですね。

月曜欧州時間早朝、ドイツ10年債利回りは4bp低下の0.79%。
先週10日には1.06%に達していましたが、前週末までの2日で15bp低下。
ギリシャリスク嫌気でドイツ国債に資金が流れたことによる
利回り低下で、ユーロもこれに連れる形で下げたということですが、
現在再びドイツ国債利回りが上昇しているようです。

ユーロロングは手じまった方がいいのかなぁ、、、と
様子を伺っていましたが、まだ6月は終わっていない、
つまり欧米の中間決算絡みのユーロショートカバーも
まだ終わっていない、という可能性もあるとみて我慢。

窓埋めして再度下げそうな相場になった時には心揺れましたが、
継続して正解かな?

今週は18日のユーロ圏財務省会合にて、いよいよギリシャが
どうなるのか見えてくるかも?というイベントリスクが存在している
ため、ユーロ再下落の予想が多かったのですが、
相場は意外とギリシャで動いているわけではないということかも
しれません。

というのも、今夜は米国から出てきた指標が軒並み悪くてドル売り!
このドル安がユーロ上昇の原因になっている可能性も濃厚。

①米ニューヨーク連銀6月NY州製造業業況指数 ▲1.98 (5月は+3.09)
 予想は+6.0%でしたので、予想との乖離が酷過ぎる!!( ゚Д゚)
 2013年1月以来およそ2年ぶりの水準まで低下。

 この指数は製造業の先行指標とされており、6月の製造業の数字が
悪いと思われることから、ドル売り加速、米株も大幅下落です。

②5月設備稼働率 78.1%(予想78.3%)昨年1月来で最低。


③5月鉱工業生産 前月比▲0.2%(予想:+0.2%、4月:▲0.3が▲0.5に修正)
 2ヶ月連続のマイナスは想定外。

今日は、ギリシャリスクで欧州株式市場も軒並み安かったことから
米株も重いかも。。。という気配はありましたが、
欧州のせいでもなんでもなくて、指標が悪すぎで米株安です。


★今夜の特筆すべきポイントは2つあって。

①ギリシャリスクでドイツ国債利回り下落や
欧州株が大きく下げたりしていても、ユーロが崩れなかったこと。

②欧州株安、米株安とさえない相場となっているのに
シカゴ日経平均先物はほとんど下げていません。
ダウが100ドルを超える下落なのに、日経は10円安(2:00現在)
そしてドル円相場はほとんど動いていません。

今日、週明け15日月曜の日本株市場は
寄り付き直後は200円を超える下落からスタートしたのですが
結局終わってみれば19円安の20387円と小幅反落。
安値では買いが入るんですね。底堅いわよね。
売り方にとっては思うように下げない相場です。

ただし、気持ち悪いのが東証1部の売買代金、
2兆100億程度で、一気に減少しています。
この水準は4月6日以来約2カ月ぶりの低水準で
商いは閑散としていたわけで、閑散に売りなし、の相場だった
ということか。

今週はFOMCに日銀とイベントが多いのでドル、円が動くでしょうから、
様子見気分も強いんでしょうけれど、、、。

ということでユーロロングはもう少し持ってみましょう~
キウイショートは思うように下がらないので、一旦退場。
ちょっとだけしか取れませんでしたが、一応利食い。

それと、今夜はドラギ総裁がいろいろ発言していて

ギリシャ救済策でIMFが見直しの最中は、ギリシャの国債購入は不可
能だが、ギリシャ救済策の見直しが終了したら、
ECBはギリシャの債券購入も可能、

などとおっしゃってるようです。

ギリシャによる債務不履行の可能性を推測しない

とも発言していて、最後の最後までなんとかギリシャを
助ける方向で頑張っているようです。

ユーロロングは18日までにはどうするかまた考えることに。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社