2015年7月29日水曜日

中国株、今日28日は▲1.7%か、踏ん張りました。

上海市場、寄付き安く始まって(▲4%)ヒヤリとさせられたものの
場中は「当局がなにかPKO対策するに違いない」という期待からなのかしら?
上海株がぐいぐい上昇する局面もあって
それに連れる形で、日経平均も下げ幅を縮小、
豪ドルやキウイなどの資源国通貨も、上昇するような値動きがありました。

日経平均なぞは寄り付きから前場、中国市場が始まるまでの値動きと
上海株が謎の上昇を見せてからの後場の値動きが
随分地合が違った印象ですが、この株の動きにドル円相場も連れ高。
今日は123.79円までドル円相場は上昇しています。

それでも先週7月21日の124・50円近くまであった高値には及ばず。
今夜はダウ平均が200ドル近い反発となっている割には
落ち着いた動きです。

ね、やっぱりレンジなのよ…(私の苦手な(^^;)

でも苦手とか言ってられないのよね。

基本的に相場ってトレンドがある時間帯とレンジの時間帯では
レンジの時間帯の方が長いものです。
ざっくり言うとトレンド3割レンジ7割・・・(ざっくり言いすぎかな)
レンジが苦手とか言ってたら7割の時間帯負けてることになるので?!
この相場124円半ばに来たら売ってやろうと思っていたりするのですが
そう思っているとそこまで到達せずに失速したりして、
レンジ相場ってその上下限を見極めるのがまた難しいのよ(^^;
結局ドル円には触れずにいます。

‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘

昨日短期でロングしたユーロ円はさっさと利食って、
今はユーロドルショートになっていますが、(1.1075)
これもどこまで引っ張れるか。

正常なECBトレードとされるユーロキャリーが長続きしません。
中国株の不安定な値動きのせいなのか、
月末の欧州レパトリのせいなのかわかりませんが
ユーロクロスはとにかくトリッキー。

不可解な上昇となることが多くて難しいですね。
今日の高値1・1130は短期的には超えられずに失速すると
思うんですが、さて・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
豪ドル円が7月の安値89.15円近辺まで下落してきたのですが、
今日は上海反発を見て上昇に転じ、
日足のチャート的には「W底」形成にも見えます。

ただ、某大手証券会社が豪ドル建て投信などを
豪ドルはもう下がりません、中国株ももう下がりません。
というようなセールストークで顧客に売っているという話を耳に。。。

東京時間に上がるのは、そういう買いがあるから?!
真相は分かりませんが、そういう話を聞くと
まだ下がるリスクがあるって考えちゃいます。

中国はもう大丈夫って根拠はなんなのかわかりませんが
(昨日私もまあ、中国だものね・・・とは書きましたが(^-^;
基本的にこれだけ商品価格が下がっていて、中国からの需要が
今後も見込めなくて、アメリカが利上げするという思惑が
広がっているわけで、米ドル高が見込まれる中で
豪ドルが底入れしたと考えるのは、無理があるんじゃないかと思います。

現在の豪ドル高は底入れではなく、調整高。
とうことで、戻り売り思考でおります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日28日は夕方からポンドが乱高下。

イギリスの第2四半期のGDP発表の前に思惑で売られて下落していたのですが
発表後は「市場予想通り」だったことで買戻し。さらに倍返しの上昇。

前月比 +0.7% (前回:+0.4% 予想:+0.7%)
前年比 +2.6% (前回:+2.9% 予想:+2.6%)

なんかポンドはチャート的に上がりそう。

ただ、今週は7月最終週。

月末の特殊玉が出やすいこともあって
本来のトレンドとは違う動きとなるリスクも高いので
あまり足元の値動きに惑わされない方がいいかな、、、
ひとまずユーロドルショートも短期目線。
今はトレンドが見えにくい揉みあい期間と考えて
大きくリスクを取らない方向。

人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】












※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社