2015年7月8日水曜日

落ち着きを取り戻したのは7日火曜の東京時間までか・・・?!

夕方欧州時間から、ユーロ、ポンド、オセアニアなどの下落が止まらず、
すなわちドル高がぐいぐい進行。
ただし、ドル円相場だけは軟調地合でドル上昇とならず。
ユーロ、ポンド、オセアニアが安いので、クロス円も下落、

つまり、典型的な「ドル高円高」のリスクオフ相場です。

コモディティもひどい有様です。

WTI原油が現在51ドル台にまで沈んでいます。23:00
ブレント原油の下落もすさまじい。現在56ドル台。

金もまた急落中。現在1155ドル台まで下落。
ドル高なので、コモディティが総じて下落するのは分かるのですが、
今夜の金下落も、「何者かが売っている」印象。

岡崎氏がギリシャの外貨準備の保有金売却の可能性に言及されていますが、
確かに銀行業務が停止するほどの資金繰りが悪化、キャッシュがないわけで、
価値あるものといえば、パルテノン神殿か金くらいしか残ってないんじゃない?

ということで、ギリシャの金売りの可能性ってのも否定できないかも、
と思っているのですが、Twitterでは中国の金売りの可能性は?というつぶやきも。
@Vil_Paretoさん 

中国では株価崩落を阻止しようと、なんと200社以上の企業の株の
売却が禁じられてしまっています。

株が売れないなら金を売ってキャッシュを作るしかない・・・?!
庶民もかなりのレバレッジで信用取引をしていたようですから
追証もあるのかもしれません。

いよいよ中国株下落が他市場にも波及してきたか・・・?

と妄想が広がる夜ですが、真相は現時点ではわかりません。
JPモルガンの売りという情報あり。@taquajiさん ji

そして今夜のNY株式市場、やはりダウ平均100ドル近く下げています。
何気に200SMAの攻防中だったダウですが、今日の下落で、完全に
200日移動平均線を下抜けそうです。

つまり、米株にも本格調整の可能性。

今日のリスクオフ相場の背景は、ギリシャなのか中国なのか。

・・・・中国だろうなぁ。

あ、ポンドだけはギリシャかもしれません。
ギリシャがEU離脱の可能性を帯びてきている状況では
イギリスのEU離脱の声が高まるというリスクを想起させられる、、、
ということでのポンド売りの可能性はないだろうか。

あるいは、原油、北海ブレント原油も暴落中です。
イギリスは北海原油を所有する産油国。
原油下落が今日のポンド安を加速させた可能性も。
ポンドって、米国の次に利上げするかも~って言う期待で
随分ロングが溜まっていたんでしょうね、その分下落が激しい。

ということで、昨日作ったポンド円ロングは見事損切の憂き目に。
日経平均ロングは今日の東京時間には利食ってしまったので、
日経平均トレードは上手くいったのですが、、、
ポンドにはヤラレタ。。。

話を中国に戻します"(-""-)"

今日日経QICKに中国のPKO(株価テコ入れ策)の記事が。

先々週末6/27日以降、矢継ぎ早に出された
なりふり構わぬ株価維持策はこれだけあります!!

6月27日 中国人民銀行  政策金利引き下げ
             一部銀行を対象とした預金準備率引き下げ
  29日 国務院(政府) 年金基金の株式直接投資認可を検討
  
  30日 中国基金業協会 相場下支えを提案
     中国人民銀行  リバースレポで500億元を供給

7月 1日 証券取引所   人民元建てA株の取引手数料引き下げ
     
     中国証券監督  信用取引の決済期限を撤廃
     管理委員会

  2日 中国人民銀行  リバースレポで350億元を供給

  3日 証券監督管理委 中国証券金融(証金公司)の資産規模増強
             新規株式公開(IPO)の認可抑制
             適格外国機関投資家(QFII)の投資枠
             拡大
     中国金先取引所 市場でのデマなど厳重調査
          
     創業板上場企業 自社株買いなど相場下支えで28社合意
     
  4日 証券21社    ETFに1200億元(2.4兆円)を投入
     ファンド企業  株式型ファンドの発行加速
         25社
  6日 金融先物取引所 先物の売買数を一定の範囲内に制限

  7日 証券取引所   中国市場に上場する200社以上の企業の株式売買停止
             (過去1週間に上海・深セン取引所に上場する2808社の23%に
              相当する約651社が株式の売買を停止)


もうめちゃくちゃですね。株の売却を禁止だなんて。。。
再開した時が恐ろしい。。
再開したらもう売りがとまらないでしょ。。。?


海外投資家が記録的な中国株売り-政府は約束損ねる介入
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NR3KR76KLVR601.html

今、WBSで株が売れない中国の投資家が原油を売っている、って
コメントがありましたね。じゃあ、金も売ってるんでしょう。
株売却を禁じられた中国の投資家が、他の資産を売っています。

これが今夜のリスクオフの正体かもしれません。

となると、これはもう止まりませんね。
ショートです。日経平均を20280円でショートしました。
ポンド円をひっくり返して188.91円でショート。

今夜は他にも原油、プラチナなど売っています。

豪ドル、キウイも売りたいんだけど、なんかこう、タイミングが合わないの(^^;
豪ドルは特に中国銘柄ということで、コモディティ価格下落にも連れ安でしょうし、、、
売り妙味はここから出も十分にあると思います。


ドル円の下落は地味ですが、今回ばかりは120円方向かなぁ。。。
と思ってみています。あまり値幅妙味がないので手を出していません。

**************

ギリシャ支援を巡る協議も上値を抑えていることは確か。
でも、もうギリシャネタに振り回されるのに疲れた・・・・

ユーロ圏当局者は7日、
ギリシャが欧州債権団に対し新たな提案を「おそらく」8日に提出する
見通しだと明かした。

「おそらく」だそうです(^^;

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社