2015年7月10日金曜日

今日の上海、怒涛の巻き返しで日経平均も怒涛の買戻し(;゚Д゚)

7月9日㈭

上海総合指数+ 202.138P(5.76パーセント)3709.330P
上昇率は09年3月以来の大きさ。

日経平均株価117.86円(0.60パーセント)19855.50円

なんだ、日経平均はわずか0.6%じゃないか、って。

寄付きは続落で▲622円だったのが終わってみたら117円高ですよ。
なんと日経の値幅740円!

さすが中国です...考えられない株下落回避策をとっています。

昨日の上昇は

中国、大株主や経営幹部に持ち株売却を6カ月間禁止
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NR65UZ6JIJV001.html

中国警察当局が国内株式市場で悪質な空売りが行われていないか捜査
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0PJ0G720150709

などが背景で、株を売れば捕まる...?!

恐ろしくて売れません。

でも、こんなやり方で最後はどうなるワケ?

行く末は想像できませんが、売る人がいなくなれば上がるしかないわけで、
ひょっとしたら、このチャイナショック、第1章は鎮静化したのかもしれません。

かといって日経平均株価は先般ITバブル越えの高値を超えられるんでしょうか?
ドル円相場は125円以上に上がるんでしょうか?

そうは思えないのですが、昨日8日の値動きを見ていると
何でもありな気もしてきて、このボラティリティについて行けませありません。

ポンドショートは買い戻していましたが、
日経ショートは昨日の時点で買戻しが遅れて相当な利益を削ってしまいました。
おまけに昨日は途​​中で上海を再度売り直して踏み上げられています(^^;

まさか、あんなに戻すとは思いませんでしましました...

昨日はは、ーロドルがそこそこ戻りをいれていたのでユ
為替ではーロドルを1.1090ドルでショートしていますユ。

ポンドはここからは恐ろしくてポジション取れません〜

ドル円の安値120.40円、ここが底?
なんか中途半端だよね,,,

基本、日経、ドル円は戻り売りだと思っていますが、
なにせ中国市場に連動する地合いだと何が起こっても不思議はないので
凄いボラティリティです、半端な水準で入らない方がいいかも。

9日㈭のダウ平均は76.199(0.435パーセント)17,591.62

現在の相場は、NYを見て、というより、ギリシャリスクを受けて最初に
始まる東京市場が一番最初にリスクを織り込み、それが欧州、米国に
波及する流れと、東京時間に動きだす中国市場を見て、東京が最も早きます
リスクを消化する地合いです。

NYが高かったから、安かったから、というのは今日の相場には
あんまり関係ないのが現状ですが、
ギリシャ、中国リスクが落ち着けば、米国利上げがテーマになり、
国主導の相場になるのかもしれません米。

ひとまず、今日の中国がどう動きましますか。

まずはこの1点に尽きるでしょう。

人気ブックマークロブログランキンブログへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


します



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社