2015年8月13日木曜日

ドル円相場は,やはり「黒田ライン」として意識される125円台が壁?!

今日の午後2時ごろからドル円相場急落しちゃいました。

中国人民元切り下げを受けて125円台まで買われており、
今日のお昼の日経Quickには「黒田ライン消滅」という記事が
配信されていたのですが、、、

というか、中国ですが、基準値算出変更に驚いた11日火曜日には
「1回だけ」っていってませんでした?

なのに今日再び人民元は引き下げられました。

12日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.3306元とすることが発表され
これは11日、前の日と比較して1.6%の引き下げとなります。

これを受けて、ドル円相場が更なる上昇となり
125.27円まで上昇していたのですが、
今日午後2時過ぎから急落し、124円大台割れまで円高ドル安へ。
中国 国有銀行が 中央銀行の委託でドル売り介入したとの報道が
きっかけのようです。

人民元のレートを維持するための措置とみられていますが、
人民元を1ドル=6.43元付近に維持することが狙いだと報道されています。

ん?人民元の切り下げとなるように基準値算出変更したんだよね?!
なのに、なぜドル売り介入するんでしょう…解せん。

と思っておりましたが、今夜、富士通総研経済研究所の柯 隆氏に
お話を伺う機会がありましたので、
なぜ相反することをやるのか伺いましたところ、
急激な人民元安は中国に投資している外資マネーの
キャピタルフライトを招くリスクがあり、
緩やかに元安となるように調整しているとのこと。

あまりに急激な通貨変動となればクモの子を散らすように
中国から資金が逃げてしまいます。

方向は元安誘導で、これは今後もある程度長期的には
進められるものですが、緩やかになるように介入するということみたい。

それ程人民元切り下げというのはインパクトがあるということなんですね…。

このようなやり方が国際的な批判を浴びることはないんでしょうか?

と思っていましたら、今日はIMF国際通貨基金が、
中国の人民元の基準値算出変更について、歓迎すべき措置だと表明しています。

7月の株価急落時の株価対策についても
IMF専務理事が理解示す発言を行っていますが、
どんな手を使ってでも中国を支えないと
さらなるリスクへと発展するということなんでしょうか。

FRBの利上げ前になんてことしてくれるんだ!!と米国が懸念を
表明するものと思ったりもしましたが、
中国がこけてもらっては米国とて正常化に向けた利上げが
難しくなるということなのかもしれませんね。

おかげで12日㈬NY時間、ドル円相場は123円台まで下落しています。
ここからのドル円相場がどのように推移するのか、、、

全く読めません(・・;)

125円黒田ラインが結果的に天井となる可能性も否定できず。
かといってここから123円台を売る気にはなれず様子見です。

****************************

中国の人民元切り下げで、全面ドル高となる中、
底堅く推移しているのがユーロです。

ギリシャ財務省当局者は昨日11日、
政府と国際債権団が支援協議で合意したことを明らかにしました。
金融支援が3年間で約850億ユーロ(約11兆7000億円)に上ると見られ、
14日にも開くユーロ圏財務相会合で正式決定を目指します。

これを好感し、ユーロが買われている、、という報道もあるのですが、

これまでのユーロキャリー、ユーロ売りの巻き戻しだという指摘や、
中国人民元切り下げによるリスク回避で逃避需要が高まっている、
ユーロが安全通貨であるためにユーロがあがっている、という指摘もでています。

今日あたりのユーロ高はストップロスを巻き込んでの踏み上げ的な印象も
ありますが、パリティ-まで行く、という予想が出てから何年経つでしょうか。
全くパリティに到達する気配はありません。
ユーロは非常に難しい通貨よね。。。


◇明日13日木曜、、中国人民銀行が10時15分(日本時間11時15分)から
人民元に関する緊急記者会見を行うとのこと。
ここ2日にマーケットが急変しているのが 10:15.
中国人民元の基準値が発表される時間です。
明日の10:15にもマーケットは混乱するのか?

いえ、明日は記者会見を控えたタイミングでもありますし
3日続けての大幅な切り下げはないでしょう。
というのが柯 隆さんの見方です。

短期的には戻り相場となる可能性も。
その後は、、、全く不透明。
日本のマーケットは安倍政権がこの混乱を終息させ
しっかりサポートできるか否か、というポイントも重要な局面ですね。

日経平均ですが、7月にチャイナショックで株価が急落した時の安値19000円台から
昨日20900円台の高値を付けた上げ幅に対しての50%押しが
20055円近辺です。

今夜はテクニカル的に半値押し水準までで下げてきていますので
20098円で日経平均を軽めにロング。
短期勝負です。
ドル円はまだ38.2%押しにさえ到達していませんので
下げ余地があるとみればいいのか、底堅いとみればいいのか判断に迷う水準。

※追記 

今日、日本取引所が発表した空売り比率は 昨日に比べて5ポイント上昇し
39.2%と過去最高にまで高くなっています。

これまでの空売り比率過去最高は今年6月18日につけた38.3%で、
業種別では鉱業と鉄鋼が空売り比率50%を超えたほか、
海運、非鉄金属、金属製品、ゴム製品などが高水準、、、ということで

この売りは買い戻される過程においては上昇の燃料に。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社