2015年8月19日水曜日

今日の値動きで最も注目だったのが中国、上海株の再下落。

4000の大台を固められずに再下落、
今日8月17日火曜は▲6.15% 3748Pで終わっています。

理由が解せないのよねぇ、、、

停止されていた一部の信用取引業務が再開され、
空売りが可能となったことも急落要因となった。
http://mainichi.jp/select/news/20150819k0000m020035000c.html
って一部報道があるんですけれど、
このタイミングで空売り再開の意味が分からない。
本当にこれが理由なのでしょうか。
先週、人民元を突如切り下げ、天津では大爆発、
このタイミングでPKO解除するって・・・??
ひょっとすると、これが理由かもしれませんが。

IMF、株式市場支援策の早期撤回を中国に呼びかけhttp://jp.sputniknews.com/business/20150815/748473.html

金保有量も突如公表した中国。
IMFのSDR構成通貨の仲間入りがしたいがための
人民元実質切り下げだったという側面もあるでしょうから、
そのためだけにあらゆる部分で透明性を高める努力をしている
という見方もできますが・・・

中国のシャドーバンキング問題って、去年騒がれたチャイナリスクですが
こんな記事も今日の上海株の下落の一因ではないか、との指摘も。

China shadow banks appeal for government bailouthttp://www.ft.com/intl/cms/s/0/06cc9b9c-44c4-11e5-b3b2-1672f710807b.html#axzz3jBOtu7xx

しかし、天津の工場爆発は権力闘争によるものという説もあって
中国にはどこにどんな地雷があるかわかりません。

天津爆発の黒幕? 習主席が江沢民を軟禁かhttp://www.epochtimes.jp/2015/08/24376.html

リスクは中国だけではありません。
タイの首都バンコクでも爆弾テロがあり

タイバーツ、一時6年ぶり安値 株は観光関連などに売りhttps://id.nikkei.com/lounge/nl/error/LH0101.seam?cid=12270930


新興国株が一段と下落、4年ぶり安値-銅など商品売りも再燃http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NT9BIQ6K50XS01.html

資源安から新興国株、通貨が軒並み安値を更新しています。
マレーシアリンギ、インドネシアルピー・・・
トルコも政情不安からリラ安が進んでいますね。
(トルコリラは1円刻みで買い下がり、再び買い出動しています)

そして、原油安の影響で通貨ルーブルにも危機が。http://money.cnn.com/2015/08/17/investing/russia-ruble-currency-slide/index.html

新興国、資源国が酷いことになってきているわけですが、
 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが18日発表した
ファンドマネジャー月例調査によると
投資家が新興国に対するエクスポージャーを過去最低水準まで縮小しているようです。

ただ、今後1年で世界的なリセッション(景気後退)に陥ることを見込む向きは
6%にとどまっている、ということで、全体の悲観シナリオではないのね。
あくまで新興国投資を減らしているだけ。

ちなみに 為替では、円が最も過小評価され、
ポンドが最も過大評価されているとの回答。
ドルについては、45%がドルを「ロング」にしていると回答、
過大評価されていることがわかった。

ということで、これをどう受け止めるかは人それぞれかな(笑)

 ********************************************
さて、この状態で米国は利上げするだろうか、ってのが
ここからのマーケットの焦点かしらね。

今のところ、Fedのスタンスはぶれておらず利上げする方向で
マーケットも織り込んでいるものと思われ、
それが他の通貨安の一因にもなっていると思われます。

リスクを回避するムードが強いために、米独日の10年モノ債券利回りは低下傾向、
債券市場へ資金が逃げているのが気がかりですが
米国債2年モノ利回りは高止まり傾向で
利上げを織り込んでいるものと見ることができますよね。

リスクが点在しているようでいて、日経平均、ドル円相場はすっかりレンジ。
膠着しています。意外に強いとみるか、弱いとみるか。。。

私はまだドル円はノーバイアス。
というか、レンジが苦手で細かく逆張りトレードができないの^_^;
だめねぇ・・・。

◆今日はポンドが急騰。
7月英消費者物価指数(CPI)
前月比0.2%低下、前年同月比0.1%上昇といずれも予想を上回り、
7月英卸売物価指数(PPI)コア指数
前年比0.3%上昇とこちらも予想を上回ったことが支援材料。
つまり、利上げの思惑が強まったってことね。

◆ユーロドルがようやく下げてきましたが(笑)
これはユーロポンドでポンド高ユーロ安が進んだことがひとつと、
(ポンド買いの材料が出たため)
ドル高材料がでてユーロドルでドル買いが進んだことでのユーロ下落でした。
7月米建設許可件数は111万9000件と予想122万8000件を下回ったのですが
7月米住宅着工件数が120万6000件と予想118万件を上回り、
2007年10月以来の高水準に。

◆中国リスクで新興国、資源国通貨が安いというのに
なぜか最近下がらなくなっていた豪ドル。
どうもM&A案件がある模様。日豪ではなくて、
カナダの会社がオーストラリアの鉄道貨物会社を
120億豪ドル相当で買収すると発表されたようで、
これに絡む玉がAUDCADで出ていたための豪ドル高だったんじゃないか、と。

こういうネタは西原さんの有料メール、
志摩さんの有料メールが情報が早いです。

レンジ相場でFXトレードは苦戦中。

商品トレードではWTI原油ショートを買戻し、TOCOMゴムショート中。
今は商品銘柄がトレンドがあって取りやすい時期。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社