2015年8月27日木曜日

昨晩25日火曜日に中国が利下げなどの追加緩和策を発表しましたが、
上海株、今日26日下げ止まりませんでしたね…。
切れるカードがなくなってきている中で、効かなくなってきているってのが
かなりマズイ。。。と思うのですが、、、。

今日26日の上海総合指数は乱高下のすえ、続落し年初来安値を更新よ;つД`)

今日は1.3%安の2927ポイントで昨年12月以来の安値ということで
今年の猛烈な上昇はすべて消し去っています。

利下げ自体が昨年11月以降で5回目ということもあり、
景気減速の深刻度が増していると受け止められているようですが、
今回の世界的ショック安の根源でもある上海総合指数は
6月12日に約7年5ヶ月ぶりの高値 5178ポイントを付けてから下落に転じ、
今日の終値2927ポイントまでは43%もの下落となっています。

上海株、今日は乱高下しての末のマイ転だったので、
日中は堅調だった局面もあって、、、
日経平均は今日は7営業日ぶり大幅反発となりました。

570円13銭、3.2%高の1万8376円83銭で取引終了しています。

上昇率は日銀が異次元緩和第2弾を打ち出した2014年10月31日の(4.8%)以来、
約10カ月ぶりの大きさ、、、典型的な急落後の反騰ですね。

だって日経平均は8月11日にザラ場で20946円の高値を付けてから
昨日25日火曜日の瞬間安値17747円まで値幅にして3199円。
率にして15%もの大きな値下がりを演じてますものね。
これだけ下げれば、反発もしますよ。。。

足元では日経平均のPER(株価収益率)が14倍台前半と、
昨年10月の日銀による追加金融緩和前の水準まで低下している
という話もありますし、テクニカル的には売られすぎのシグナルが
出まくってますので、何かきっかけがあれば、
大きく上がるという見方もあるんですが、
短期に上がっても、高値更新はムリだと思います・・・

ポジションは24日急落時に刺さった指値
17200円と17500円の日経CFDロングがそのまま。

今日のダウも上値重いです。。。

16000ドルの回復もなかなかできないでいます。

ダウの重要節目はこれまで17000ドルでした。
マーケット関係者はダウの17000ドルをかなり重要視していたのですが、
ここを割りこんだことが今回の崩落のトリガーともいえます。
もちろんその根本は中国リスクなのですが。

ということで、17000を回復できないようなら
本格的に米株は頭打ちとなりますし、
他市場もそれに追随する形で下落トレンド入りとなると思われます。

あとは、アベノミクスの威信をかけて、
11月4日の郵政上場に向けて、どんな対策を打ち出してくるか。
それによっては日本株はサポートされる望みはあるようです。

まだまだ不安定な相場は続くと思いますので
17000円台、16000円台の日経CFDに指値を散らして、
再下落に備えつつ、デイトレで乱高下を取りたいな、と思っています。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社