2015年8月6日木曜日

ISM受けてドル円相場125円タッチです。
こりゃー市場はすっかり「9月米利上げ」を織り込みに入っていますね。

昨晩8月5日水曜は雇用統計の前哨戦とされるADP雇用指数が注目だったのですが、
21:15に発表されたADPより23:00に発表されたISMに大きく反応。

ISM非製造業指数は60.3と予想の56.2を大きく上回りました。

非製造業、、、ってつまりはサービス業のことね。

購買担当役員へのアンケートで「企業の景況感」を見るのですが

①新規受注 63.8 (前回58.3)
②景況指数 64.9(前回61.5)2004年12月以来の高水準
③価格指数 53.7(前回53.0)
④雇用指数 59.6(前回52.7)1カ月の上げ幅としては1997年の記録開始以降で最大

などの項目があります。

1カ月前との比較を3択(良い/変わらず/悪い)で回答したものを集計します。
60.3というのはNMI総合指数ね。ヘッドラインではこの総合指数が流れます。

これがすごく良くて2005年8月以来10年ぶりの高水準ですって。

それだけでも、9月利上げ思惑が確信となってドル買いになったわけですが
今回特に注目されたのが「雇用」項目ですね。
雇用指数という項目があるため、
昨今は雇用統計前に出るADPだけでなくこのISM非製造業も
かなり注目が高い。雇用は米金融政策に大きく関わっていますからね。

ということで、実は21:15に発表されたADP雇用指数は
市場予想が+21.5万人だったところ+18.5万人にとどまり
20万の大台を下回ったことで、ドル売りが優勢となっていたんです。

同時刻にパウエルFRB理事が
「来月の会合で利上げを行うかをまだ決めていない」
「指標次第だ」
と発言、利上げに慎重な見方を示したことで
利上げムードに沸く市場に水を差していたのですが、
ISMの数字が全てを凌駕。

一気にドル円相場は「巨大な謎の売りがある」とされていた124.50を
突き抜けて125円大台をタッチするところまで上昇となったのでした・・・

この流れ、今週末雇用統計がよほどの番狂わせでないかぎり
125円大台乗せ示現となるでしょう。

ですから押したところは買いでいいと思います。ドル円。
124.72円で軽めにロング。

ユーロドルショートは継続。

今日はBOEイギリスの金融政策委員会があります。
米国の次に利上げするだろうという期待が高い英国。
思惑でのポンド買いがでるかもしれません。
ポンド円を194.92円で軽めにロング。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社