2015年9月11日金曜日

ボラ激しくて刺激的!

日経平均は今日は470.89円もの下落で18299円で終了。
昨日1300円超えの上昇でしたけれど・・・

この激しいボラティリテイで、このところなかなか
リズムに乗れずにいましたが
今日10日木曜日は山本さんがトレードのヒントをくださいました。

山本さんというのは。。。
円下落、自民・山本氏の追加緩和言及で-対ドル一時121円台http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NUFMOX6JTSEC01.html

自民党の山本幸三衆院議員が日本銀行の10月30日会合は
追加緩和の「いい機会」と発言

このニュースが出た瞬間、ドル円相場は
120.30円アラウンドから121.30円アラウンドまで1円程度急伸。

おそらくアルゴに引っかかってHFT(超高速頻度取引)が作動しての
急騰だったんだと思いますが、その瞬間は長い上髭を蓄えて
行って来いの相場になったんです。

というのも上記記事にあるように山本氏の発言は信用できない?!

「4月にも同様の発言をしたが、結局その後の日銀会合では緩和していない」

山本氏の発言はオオカミ少年的だという認識が東京市場には
根強いわけね。だから、瞬間、アルゴが作動して急騰したものの
冷静になって考えれば、口先だけだろう、ということで
上げ幅削る展開だったわけ。

この値動きは東京時間でした。

でも、こういうネタ、日銀の緩和ネタって
日本勢よりも海外勢のほうが圧倒的に期待値が高く
海外市場では素直に反応することが多かったわよね。。。?!

という記憶があったので、この急騰後、急速に値を沈めてきた相場をみて
ポンド円を押し目を買う形でロング!!

日銀の追加緩和ネタ、東京時間より海外時間での
ほうが評価されて上昇するはず…と思ってのこと。

これがヒットしてポンド円を185.21円ロングを
187.05円アラウンドで利食い成功!!

ドル円、クロス円ともに
これまで下落していたためにショートの買いもどしが
大きく入ったことによる上昇と思われます。ラッキー。
まあ、ポンド円じゃなくてもこの時ドル円相場でも大きく動いたのですが
その瞬間とっさにロングしたのがポンド円だった、、、
ということなのですが、

今日はイギリスの金融政策が発表され
BOEは予想通り、政策金利と資産購入枠を据え置き、
前回同様、マカファーティ委員が0.25%の利上げを支持。
議事録では中国に対する懸念が盛り込まれていたものの、
「最近の世界情勢を受けてもMPCの基調的な見解は変わらず」
との文言が好感されポンドが一段高。
ポンドを選んで正解、ってトレードができました。

でもね、、、

私、昨日ユーロを買って失敗してたんだけど
今日はユーロがすごい上がってるの!!
ユーロ上昇の背景がいまいちはっきりしないのですが、、、

米アップルがユーロ建て起債へ、2本立て20億ユーロ規模-関係者http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NUGW5KSYF02301.html

こんなネタが関係しているんだろうか?
2700億程度の起債ってことですが。。。
この規模でユーロってこんなに上がるかしら??

他にユーロ上昇の理由がみあたらないのね。

ああ、1日タイミングが悪かったわ・・・
昨日ユーロ買ってたんだけどなぁ。。。テクニカル的に上がるとみて。
もう少し耐えるというか、粘る姿勢も必要ね。
このユーロ高は短期的にはトレンドとなる気がしています。
なんとなく。

山本議員の発言の真偽は測れないにしても
そういう期待が強まっている、ってことは日本市場にとって
追加緩和への催促相場へ発展する可能性があるってことですから
明日以降も、円安基調は強いでしょうし、日本株も
底堅いと思います。

今夜はダウも140ドル高(2:30)

リスクオフムードは沈静化するものと思います。

今日の東京時間、山本議員の発言前の下落時に
日経平均CFDを17999円でロング。

18000円で指値していたんだけどなぜか1円下で約定しました。

ということで、短期的(そうねぇ、FOMC前までかな)には
多少の戻りがある相場になると思っています。。。
ポンドは先ほど186.41円で再度ロングを構築しました。

短期的にはリスクオン!
 

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社