2015年9月15日火曜日


よ、弱い…^_^;

今週はFOMCという大きなイベントもありますが、
その前に日銀もあるでしょ・・・


さすがに今月の日銀で追加緩和があるとみているわけじゃないですが
それを示唆するかもしれないと思えば、もう少し今日14日月曜の
株やドル円相場が上昇してもいいんじゃないの…と思うのですが、


日経平均は 17965.70(▼298.52)▼1.63%

ドル円相場は 120.84円まで買われるも、、
高値を取りきれず119円台へと下落中。

朝方は海外勢の一部が日銀緩和期待でドル円を120.85円まで
買い上げたようですが、株が弱すぎました。



その理由に
安倍首相が週末の経済諮問会議にて携帯電話料金引き下げを指示した
ことで大手携帯会社株(ソフトバンク、ドコモ、KDDIなど)の売り主導で
日本株全体が弱かった、と指摘する向きもあるようです。


ん~確かに携帯3社の株は弱かったですが、
弱い銘柄はほかにも散見されましたので、安倍首相のせいで
日本株全体が弱いというのが正確な分析とは思えませんが、
そうした側面があったのは確か。。。


通信会社の株が弱かったのは安倍首相の指示のせいではなくて
米アップルが、新機種を手ごろな価格で毎年買い替えられる
新たなプログラムを発表したことを受けて、KDDIが新プランを発表しており、
音声料金の値下げが通信株全体の価格競争への警戒に
つながったとの指摘もありますね。


ソフトバンクなぞは、このニュースがなくてもチャートが悪いですし、
バロンズ紙がアリババ株に最大50%下落の公算とも書いており、
そんなことも下落要因だったと思います。


それと上海株が弱かった。

▼8.44(▼2.67%)3114.80

中国8月の工業生産が、前年同月比6.1%増にとどまり(予想6.5%増)
1-8月期の都市部固定資産投資は前年同期比10.9%増で2000年以来の低い伸び。


中国の資金流出入の目安となる8月末の金融機関の外貨売買残高は
前月末比7238億元(約13兆7000億円)減少し[

過去最大の減少幅というニュースもネガティブ。

上海株下落に日本株も弱含みの展開でもあったわけで
明日の日銀への催促相場のような様相になっているようなムード。


ノーイベントとするんでしょうか。

それとも今回は何もしなくても
今後の追加緩和への示唆があるか、、、何もなければ
明日の日本株、ドル円の一段安があるかもしれません。


とはいえ、今回のパニック相場の下値は
日経平均先物で17160円
ドル円相場は116.06円です。


レンジ下限をトライする値動きにすぎません。

下限に寄せるだけ寄せて買うことにしましょうか。


ドル円は118円台まで下げれば買いたいかな。

日経平均は17999円でロングしちゃってるんですが^_^;
17500円割れで増し玉の意向でいるんだけれど。


しかし、、FOMCがどう出るかが全く読めないので
リスクを取らないほうがいいかも。。。とも思ったり。

慎重に行く所存ですー

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社