2015年10月1日木曜日


今日30日水曜日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反発。

終値は457円31銭高の1万7388円15銭で節目の1万7000円を再び回復。
昨日の下落714円の64%を戻しています。


や、やっぱり戻ったわ!
レンジ・・・・とは言いませんが、
雪崩のような下落相場は収まった気配。


今日は9月30日、9月末、半期末ということもあって
運用成績を意識した「お化粧買い」期待も相場を押し上げた
ってこともあるでしょうから、今日高いのはある程度わかっていたこと。

明日以降、10月からも上昇できるかどうかですよね。

JPモルガンチェースやクレディスイスが顧客向けレポートで
10月日銀が追加金融緩和策を実施すると予想しているようですが、
ETF買いの枠は、あと2回程度しか残されていないことや
CPIがマイナスとなったこと、さらに8月の鉱工業生産指数(速報値)が
市場予想に反してマイナスとなったことから考えると、
日銀が動かないとまずい、、、というようなムードが醸成されるんじゃ
ないかと思われます。


だから追加緩和予想がでているわけで、
もし来週6-7日の決定会合で日銀が動かなくても
30日の決定会合ではやるだろう、という市場の期待がつながることで
10月は大きな下落にはならないかもしれませんね。



11月4日は郵政上場も控えていますし…。
今夜はダウ平均も200ドル超上昇していますし。

・・・・米株って引けてみないことにはわかりませんけど^_^;


今日で9月が終わりますが、
9月、日経平均株価は一ヶ月で1502円(8.0%)下落しました。
8月には中国株下落に連れる形で1694円もの下落となっており、
2カ月連続での下落です。2ヶ月連続で日経平均株価が下落するのは
アメリカの金融政策を巡る思惑や円高が進んだ2013年7~8月以来
およそ2年ぶりだそう。3ケ月下落ってことはないと思われ~

また、上期4月~9月の半年間では日経平均株価、
1818円およそ9.5%の下落となっています。


安保から経済へー。

ということで秋深まる10月は安いところがあれば
積極的に拾っていきたいかな、、、と思っております。

昨日はドル円相場119.50円の指値にはかからず。。

起きてから119.70近辺でロングし今夜120.22円くらいで手じまう
デイトレに成功。珍しくレンジ相場トレード成功したわーーー!!


119.50近辺まで下がればまた買います。
ADP雇用指数は+20万人(予想+19万)
6月以来の大幅な伸びとなりましたが
前月分が下方修正されるまちまちな結果。。


明日はから10月スタート。
まず1日、明日は日銀短観、中国の製造業PMIに注目ですね。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社