2015年10月6日火曜日

随分風向きが変わってきたようです。

10月5日月曜
日経平均株価 18005.49 △280.36 18000円大台回復よ~

おまけに日経平均先物夜間取引も上げ続けていて現在12月モ
ノは
18310円です。日中現物市場からさらに300円上がってます。
米雇用統計が悪くて株高ってのはなんだか変な話だけど、
FRBがどんなにフォローしようとも、マーケットは
「年内利上げないんじゃない?!」と、利上げ時期が相当遅れることを
織込んで安堵のリスクオンに傾いているとしか思えませんね。

FOMCと先物市場、米利上げ時期めぐるの見方の違い鮮明にhttp://www.bloomberg.co.jp/news/123-NVQAQ36K50XS01.html

リスクオンとなったことで、ドル円相場も上昇基調。
利上げが遅れるかもしれないという材料にもかかわらず
ドル買いになっているのはドル円相場に限ってのこと。
下記チャート一覧は、インデックスです。
ドルインデックス、円インデックス、豪ドルインデックスなどなど。



これを見ると、コモディティ通貨が上昇していますね。
カナダ、豪ドル、キウイなど。

つまり、これまでの逆回転。ドル高に押されてきた資源国通貨が
買い戻されており、ドル安となっているんです。

利上げ観測が後退したのですから当然のことですが、
これで、ドル円相場に限っては、リスクオン、株高でドル円上昇という
相関のほうが強いことと、今週の日銀の金融政策決定会合での
追加緩和への期待もあるんでしょう。
それほど円高ドル安にはなっていませんね。
ただし、レンジ相場を抜けるような強さではないですが、、、

日銀が動かないことにはレンジブレイクはないのかもしれません。
ドル円相場120.30円近辺までは持ち直して上昇してきましたが、
121.50円近辺がレンジ上限ですので、まだまだもみ合い中です。

◇グレンコア株急反騰

先週、9月最終週のマーケットを総悲観ムードに陥れたのが
資源、商品取引大手企業スイスのグレンコア株急落でしたが
今日は猛烈に反騰しています。

グレンコア株、ロンドンで一時20%高-香港では一時72%の上げhttp://www.bloomberg.co.jp/news/123-NVQKWB6S972C01.html

これが、世界の金融市場の不安を取り除いたものと思われます。
先週まで売り込まれた株が買い戻されていますが、
商品取引大手であるグレンコアの破たんリスクが後退したことで
コモディティ市場にも安堵が広がって、ショートが買い戻され、
これが資源国通貨の反騰にも寄与しているものと思われます。

◇TPP合意

また、今日特にキウイドルなどが強い背景には、
TPP合意で乳製品輸出増思惑が広がっていることもあるのかな?
乳製品輸出増で、貿易収支改善となればキウイは高くなると・・・?
ということで、キウイドルのチャートが改善してきましたので
キウイ円をロングしてみました。
78.12円、どうでしょうか。
先月末のYMTVで大倉キャプテンもキウイが底入れした可能性に
言及していましたよね。

*************************

雇用統計直後の急落時に拾ったドル円と日経平均は大正解。
今日の上昇でかなりの利益です。

日経平均は18000円超えで一部手じまってしまったのですが(-_-;)
ドル円はまだ保有中。

西原さんも雇用統計前にドル円を利食って、急落時にドル円再度ロングで
回転トレードされてましたね。メールでリアルたいむにトレード詳細報告されています,
有料メールですので会員しかみられないのですが・・・。
この時私もほぼ同じトレードをしていたのですが、
西原さんも同じトレードだということをメールで確認できていたので
不安がなかったというか、心強かったというか。いいトレードができました。

***************************

9月英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)

53.3(予想56.0)予想より悪い~!!8月は55.6

2年半ぶりの低い数字でした。

英国利上げ思惑も後退気味で、雇用統計受けてのドル安ポンド高も
すっかり剥げ落ちて下落基調に入ってきた感じ。。。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社