2015年11月15日日曜日

現地時間13日金曜夜、フランスパリで同時多発テロが起こりました。
イスラム過激派ISISが犯行声明を出しています。

パリ同時攻撃で死者120人以上、仏大統領が非常事態宣言http://jp.reuters.com/article/2015/11/14/france-shooting-idJPKCN0T22NW20151114

また、仏高速鉄道TGVが脱線、10人死亡というニュースも
https://t.co/poFiZucBoI

高速鉄道に関しては今回の同時多発テロとの因果関係は不明。
発生時刻も翌日14日です。

Twitter金融クラスタ(金融関係者や投資家)のつぶやきには
週明けのマーケットへの影響を懸念する声が多数ありますが、
この件は週末13日の米国株式市場には織り込まれていないようです。
13日のNY概況には全く触れられていません。

米国株、続落 ダウ202ドル安 世界景気不透明感、ITや小売り安いhttp://www.nikkei.com/markets/kaigai/summary.aspx?g=DGXLASB7IAA05_14112015000000

NY市場概況-小売りが大幅安 ダウは週間で3.7%安と7週ぶり反落http://www.traders.co.jp/foreign_stocks/foreign_topix.asp

確かに週末のダウは▲202.83 17245ドルと大幅安。
ただし、その背景は

①米10月小売売上高速報が市場予想を下回った +0.1%(予想+0.3%)
②金融当局者が年内利上げの可能性について言及
利上げを前提とした発言が繰り返されたことが重し
③原油相場の下落が続き、投資家心理が悪化

などと解説されています。

木村佳子氏がいち早くブログでその影響を考察されています。

テロと株価 どうなる株式市場? 1.7パリでのテロ、 9.11アメリカ同時多発テロなどの例http://yoshiko115.exblog.jp/24674291/

また、Twitterでは @NYstockinfoさんが

ドイツのブローカーの店頭取引では、DAX指数の土曜の参考値は金曜引け値から一時はマイ
ナス200ptだったのが、結局マイナス100ptで終了してるね。
https://twitter.com/nystockinfo

とつぶやいてくださっています。

全般Twitterのツイート流し読みしていると
チャイナショックの時はリスクオフでユーロショートが巻き上がり
ユーロが上昇したが、
今回はパリ、欧州圏でのテロということでユーロが買われにくい。

有事だからこそ、基軸通貨ドルが買われる。

ただし、リスクオフで円も買われるため「ドル高円高」「ユーロ安」
という予想が多いように見受けられます

こうした痛ましいテロにあってもマーケットは動きます。
(一時的に停止されることはあっても)
売りだ、買いだのと予想するのは不謹慎という意見もありますが、
あらゆるマーケットにおいて資産を保有する投資家がいるわけで
予想展望を封印し、ポジションを放置するわけにもいきません。

私は先週のうちにリスクポジションはすべて手じまっていますが、
(日経の根っこのポジションは継続中)
週明けのマーケットがどのように推移するかはよくわかりません。

そもそも8:50に発表される日本の7-9月期のGDPがマイナスとなる予想で
この数字が週明けの波乱を招くのでは?という懸念も大きく、
それに備えておこうと思ったのですが、、、。

フランスのテロがあるまではGDPショックで深押しがあれば
リスク資産を買い増そうと思っていたのですが、
この件は日本市場では、どう織り込んでいいのかよくわからず
はっきりとした値動きには表れないかも知れません。

欧州時間から本格的にその影響が出る可能性もありますので
アジア時間だけの値動きでリスクを取る行動に出るのは
控えようかと考えています。

それにしても、11/5ロシアのメトロジェット航空9268便が
エジプト・シナイ半島で墜落した問題でもIS関連組織が犯行声明を
出していました。真相はわかりませんが、テロとテロに屈しないという
報復が繰り返され争いが激化するリスクも出てきそうです。

***************************
ちょっと先のことになりますが、来年のマーケットに警鐘。

焦点:2016年に忍び寄る新興市場の信用危機
http://jp.reuters.com/article/2015/11/13/analysis-2016-emg-credit-crunch-dJPKCN0T20GP20151113

日本一早い2016年大予測
〜円安は終わる。円は1ドル100円台に

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46245

そうなる、ということではなくて、こうした見方が
どの程度膨らんでいくかに注目。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社