2016年1月20日水曜日

日銀のバズーカ2の昨年10月30日の急伸で空いた日経平均の窓。

まさかこの窓を埋めに来る下落となるとは思いませんでした。
こりゃあかん。
これは日経平均日足。



10月30日の日経日足終値と翌週11月4日の寄付きで空けた窓が
綺麗に埋まりましたね。

窓を埋めた後、素直に上昇してくれれば、下げはいったん終わり。
でも、窓埋めしたにもかかわらず、下げ止まらないとなると
本格的弱気相場入りということになります。

20日水曜日、日経平均株価の下げ幅は今年最大を記録。

終値632円18銭安 1万6416円19銭。

その後日経平均先物価格は16200円台まで下落しています。

WTI原油価格が時間外取引で1バレル27ドル台にまで下落し、
オイルマネーの撤退懸念が一層強まったほか、
昨日はIMF国際通貨基金が16年の世界経済見通しを0.2下方修正し
3.4%としたことも不安心理の拡大につながったと見られます。

それと、中国のダメダメっぷりも悪材料として健在で、
昨晩、19日夜に中国人民銀行は、金融市場に資金を供給したと発表しています。

中国では2月初旬からの春節の連休に伴い、資金需要が増える時期となるなか、
今週発表された10~12月期の中国のGDPが悪化し景気減速が
はっきりしたことを受けて、マーケット関係者の間では
預金準備率を引き下げや、流動性の拡大などの期待が膨らんでいたようで
昨日19日の上海株は3%高となっていたのですが~。

こうした市場の期待を裏切り、実際に発表されたのが
6000億元(約10兆8000億円)の資金供給。

10兆円の資金供給なので相当な規模の金額ですが
それでも期待に応えていないってことが失望なのよね。
ということで今日の上海総合指数は反落して
3000p大台を割り込んで取引を終えています。

また今日は香港ハンセン指数が大幅下落で19000Pを割り込み、
この下落も日本市場に影響したとの指摘もあるようです。

今夜の米株も弱くて、明日の日経が窓埋めにも立ち直ることが
できなかったらやばいです…・

(私がやばい、、、って言ったとこで底、って話もあるけど)

だから、一縷の希望で16500円下の日経は1度拾ってみるという
価値はあるかとは思うんだけど、なにしろ買い材料がない。
下げ材料は(原油安、中国リスク)改善しない。。。。

こういうコワイとこで買う勇気がないとアカンかな?

ということで日経CFDを16255円でロング。

ドル円相場は昨日ロングした117円台ロングはもちろんロスカットかかって
ポジション消えていますが、今日は115・88円まで下落しており、
現在長い下ヒゲになるか?ってムード。

テクニカル的には悪化しちゃってますが、
水星の逆行期ということもあって
テクニカル通りに下落するというより、
一度リバウンドあるかな?ってことで
ドル円も116・52円でロング。

長く持ちません。。。
状況がさらに悪化するようならすぐに撤退します。
この相場、そんなことの繰り返しです。。。

ポンドショートをずっと持ってれば良かった、という
簡単な相場だったのに~途中下車すると
どうしていいかわからなくなりますね。

ただ、このまま米株も下げ止まらないようだと
3月の米利上げにも懐疑的なムードが広がると思われ、
そうなるとドル安が一段と進むリスクは否定できず。

この相場、ここからはドル建て金が面白いのかも、
って気がしています。ドル安が来て金高ね。株安ですし。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】














※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社