2016年1月19日火曜日

市場参加者の一部からは「日銀のバズーカ期待」が高まっているようです。
黒田総裁の発言は「必要な場合には追加緩和も」と、別段変化はないのですが、
12日にパリのシンポジウムのスピーチをキャンセルして緊急帰国したことが
バズーカ準備ではないか、との期待を高めている模様。

日経平均が16000円台に下落し、昨年8/24の安値を割り込み、
ドル円相場も116円台へと下落し同じく8/24の安値にほぼ面合わせと
なってきたことで、市場もそろそろ反発のきっかけが欲しいところ。
このレベルを割り込めば、テクニカルの悪化から下落に歯止めがかからない
と思われるために、何とかサポートしてほしいという願いが込められて
日銀へ熱い視線が注がれ始めているというムードですが、
個人的には、このセンチメントで日銀が動いても無駄打ちになりそうですし、
7月の参院選まで半年もある今、このカードを切ることはないだろう、と思っています。

だから、過剰な期待で全力買いする局面じゃないと思う…。

だけど、その「期待」が下値をサポートする可能性は出てきたと思うのね。
だから、一度このあたりでリバウンドもあるでしょう。。。
と思ってポンド円をロングしてみた。ホント、軽めにね。

それから、米国の方ですけれど、ここまで株価が下落してくると
ホントに利上げが見通し通りに実施できるのだろうか?という
疑問につながってきているようです。

というか、このところ発表された米系指標が悪いのよ。

①12 月米小売売上高 前月比▼0.1% (予想 横ばい)

重要なのはコア指数「食料品・自動車・ガス・建築材を除いた数字」
前月比▼0.3%(予想+0.3%を大きく下回る) 2015 年 2 月以来の最低

12月の小売ってクリスマス商戦の結果でもある。
これが振るわなかったということね。

②12月鉱工業生産指数 ▼0.4% (予想▼0.2%)
3か月連続低下~
ドル高や在庫投資減少、原油安を背景にエネルギー企業の削減が響く

③NY連銀製造業景況指数 ▼19.37 (予想▼4.0)
(0を基準に上回れば拡大、下回れば後退)

ってな具合で、これじゃ継続利上げは難しいんじゃないの??
という不安が広がって、米株も大きく下げちゃったって感じ・・・
この日(15日金)は原油価格も29ドル台へと下落していたので
それも嫌気したかと思いますが、、、

原油下落も止まりませんね。
HFのショートポジションは過去最高レベルにはあるものの
需給、ファンダに買い材料が全く見当たらないために
上がるきっかけがない。

ということで、センチメントは悪いままです。
せめて米株が立ち直ってくれて、このリスクオフムードを
払しょくしてくれたら、、、と皆が思っていたと思いますが、
雇用統計の数字があれだけ良くても、米株は下がる。
以降発表される景気指標が軒並み悪くても、米株は下がる。

そして、債券市場に資金が集まっています。
これは債券価格。

足元急伸していますね。これで金利が低下しているので
ドル高が止まってしまっているのです。

代わりに買われているのが「円」円独歩高よ。

これは、各主要通貨インデックス。
ドル、ユーロは揉みあいですが円だけ急騰。
オセアニア、ポンドは弱いですね。


とにかくまだ、市場は何かを恐れているようです。。。

ん~日本株から立ち直るなんてことがあるだろうか・・

という不安はあるものの、一度は下げ止まることを期待して
ポンド円ロングしたわけです。(素直にドル円を買わないのが天邪鬼)
上海株も、一度は戻るだろう昨年の安値に面合わせ。
(・・・・ちょっと割り込んでるか??やばいかな?)

ポンド円Lは167.21円。
欧州時間に急伸局面があったものの現在またじり下げ中…
軽めロングなので、明日下がればすぐに撤退するわ・・・

それから今日はユーロオージーを買ってみました。
チャートが素直で綺麗。この波乱相場にあって、平常モードでの値動きです。
それほどボラが上がっていないので、安定的に上昇トレンドを形成して
いるようにみえませんか。


コストは1.5764です。
1時間足で見るともっと上がりそうに見えるでしょ。


今夜は米国市場が休場なので静か。
明日の東京も、まずは中国市場がオープンする10時台の波乱を
乗り切れるかどうかですが、、、。中国もそろそろ何か手を打つんじゃないかしら。
(長続きしないにしても、短期的に下げ止る政策が出れば)
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社