2016年2月19日金曜日

2/18㈭ ちょっと不思議に見える値動きです。

日経平均株価は 16196.80円 △360.44円 △2.28% 強かった!

しかし

ドル円相場は113円台へと反落したまま軟調推移。

株高でも円安ドル高はあまり進んでいません。

株高の背景は米株高と原油価格。
イランの生産凍結合意はなかったものの
4か国生産凍結を歓迎する、といった中途半端なニュースにも
ポジティブな反応を示し原油高となったことを受けて
石油関連株中心にリスクテイク局面入り。

今夜18日㈭の米株市場は現在20ドルほどの下落となっていますが、
株安という印象はなく、利食いかな~っていう程度ですね。

株が全般下値堅いなかで、ドル円相場は揉みあいに入ってしまって
方向感がありません。今日の日経350円高があったならば
114円後半から…115円をトライする強さがあってもいいんじゃないか、
って気がしましたけれど、なぜに為替はドル高にならないんでしょうか。

しかし、この状況はFedにとって好都合ですね。

株が安定してきて株高基調、しかしドル高はそれほど進まない…

利上げしやすい状況ではありませんか。

1月から米株が急落したら、利上げできないんじゃないか、って声が高まりました。
12月利上げして、米利上げを理由にドル高が進んで、ドル高を嫌う
米輸出産業セクターからはドル高への懸念、不満が大きくなっていました。
そのドル高が1月~の金融混乱で多少修正されたのです。

米株しっかり、ドル高是正、これは米国利上げには好環境です。

このまま3月のFOMCまで株価が安定して推移できるなら、
そして急激なドル高が進まないのならば
3月も米国は利上げに踏み切る可能性は低くないと思っています。

市場はまだその可能性を織り込んでいません。
だからドルが上がらないのだと思います。

つまり、110~113今113円台でドルを拾えるなんて
後から見たら絶好のチャンスだったのではないか・・・

って気がしているのですが、

これは私のポジショントークに過ぎないのかしら、、、
いずれ答えは出るでしょう。

現在米国債券利回りは ドル円が110円を付けた2/11を底に
17日水曜にかけて反発していたのですが、
今日は反落気味。2番底をつけにかかっている印象。

自律反発の域は出た、ということならば、ここからが本番ね。

債券市場への資金流入がまた加速し、米金利下落からドル円下落ということが
起きるのか、それとも程よい調整後、再び米金利上昇となるのか…。

この調整局面でドル円相場が112円、111円台へと下落するようなら
少しづつ買ってみようかと考えています。

そもそもの日経ロング、ドル円ロング、ユーロショートは継続のまっまです。

ただ一つ懸念材料。

今夜金価格が急反騰しています。

短期的には大天井で1120ドルくらいまで下がるだろうと
思っていたのですが、1263ドルから1190ドルまで73ドルも下げていたのに
今夜は1225ドルまで急反発なんですよ…

金価格が上昇するときって、いいことないのよね^_^;

この値動きの背景が見えないのがコワイ。

ただ、米株も、日経もドル円も、それほど大きな下落にはなっておらず
調整の範囲内なので、まだ、リスクオフに転じるほどではないかと
見ているのですが、さてさて。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社