2016年3月29日火曜日

今夜(3/28)は欧州市場が引き続きイースター休暇中なのですが、
なぜかユーロ、ポンドが上昇しましたね…。

何が理由で欧州通貨が上昇したのか調べたのですが
これといった材料が見当たらなくて???状態。

ユーロドル日足チャートでは一目の雲にぶつかってポンと跳ね返った、
としか言いようがありませんね…。

ユーロ高、ということはドル安か?と連想されますが、
ドルインデックスを見ると、確かにドル安ですが
同時に円安でもあって「おおおーーー」と思うわけであります。

※通貨インデックス一覧


だって「ドル安、円安」ってのは
典型的な「リスクオン」相場状態ですもの。

しかし、原油やゴールドプラチナ、パラジウムなどの
コモディティ相場を確認しますと、それほど上昇しているわけでもなく、、、
薄い相場の中での特殊な値動きに過ぎないのかもしれません^_^;

※コモディティチャート



まだ今夜の動きは今後のトレンドとなるような
先行指標となるようなものではないんでしょう。
ユーロ、ポンド急騰に慌てるなかれ。

しかし。今夜特別に材料がないのですが~
なんとなく、リスクオンテイストの相場になってきた
様な気がしません??ポジショントークなのかなぁ^_^;

まだ国内勢は弱気が大勢。

勢力増す円高転換派、「円安の時代」は終わったのか

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98863830V20C16A3000000/

しかしながら、あれだけ日本株を売りまくった海外勢に変化の兆し・・・?

ヘッジファンドの「円買い・日本株売り」に転換の兆し

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98939930Y6A320C1000000/

ダイスキな豊島さんのコラムなのですが、

「イースター休暇は、ヘッジファンドで働く後輩たちとじっくりと本音で話し、欧米市場最前線の事態を探る機会でもある。

~米国の4月利上げと日本の財政出動・消費増税延期がほぼ同時期に決まるシナリオを視野に、1ドル=115円台回復・日本株反騰を見込む声が筆者の想定より多い。日本では円高論優勢の気配だが、米国ではドル高論が勢いを取り戻しつつある。日米市場の温度差を痛感した。」


海外勢の動向に注目ね。

明日から東京マーケット、実質新年度入り相場となります。
日経が明日も高ければ幸先が良いとみていいんじゃないかな?

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社