2016年3月23日水曜日

ブリュッセルの空港で自爆攻撃、11人死亡 地下鉄の爆発でも15人死亡
http://jp.reuters.com/article/belgium-explosion-idJPKCN0WO0M7
テロが頻発していますね。
昨年はパリ同時多発テロ、トルコでもテロが続いています。

今日のブリュッセルのテロは自爆テロだったようですが、
ブリュッセルでは先週18日、昨年11月のパリ同時多発テロ実行犯メンバーと
して指名手配中だったベルギー出身の容疑者を拘束しており、
イスラム過激派による報復テロの可能性も指摘されています。

このテロ報道があった22日欧州時間にはマーケットが一時リスクオフに。
欧州株が売られ、ドル円も日経先物も急落する局面がありましたが
下落は続かず、欧州株は下げた分はほぼ取り戻しているようです。
欧州市場全般、流石に今日はマイナス引けとなりそうですが、
しかし、日足でみればそれ程の下落ではありませんし、
VIX指数も低位安定のままです。

瞬間急落したりしますが、結局はそのようなボラティリティは
ノイズに過ぎないということで、現在欧州圏で起こっているテロは
マーケットのリスクではないということでしょう。

今日22日(火)日経平均は +323.74円 17048.55円。

21日祝日に海外投機筋がドル円相場を崩しはしないかと警戒が
強まっていましたが、皆が警戒すると何もないものね。

むしろ、21日週末のNYダウが21ドル高で7日連続高にサポートされたほか、
米国地区連銀総裁が相次いで米国の早期利上げの可能性に
言及したことを受けて、ドルがしっかり推移する展開でした。

◆ウィリアムズ・サンフランシスコ地区連銀総裁

米経済は世界的逆風に対抗する力がある。
4月または6月に利上げも

◆ロックハート・アトランタ地区連銀総裁

米経済、指標に裏付けられた勢い
早ければ4月に利上げ正当化だけの弾み

米株は21ドル高で引けた週末でしたが、住宅指標は悪かったのよね。

2月米中古住宅販売件数が前月比▼7.1%(予想▼2.8%)

これを受けて急落して始まったダウ平均ですがNYクローズに向けて
買い直されてプラス引けだったわけです。
地区連銀総裁らが早期利上げに言及しても、崩れなかった。

ということで、米株は極めて強い展開が続いています。

これを受けて、さすがにこれまで弱弱しい値動きに終始していた
日本株も買われて17000円大台回復となったわけですが、、、

今夜米株は小安い水準で推移しています。
テロの影響というような値動きではないですが
さすがに7日続伸したダウ平均にも修正局面があっても不思議はない。

ダウが修正するときに、日経が異様に悲観して下げる、ってことが
なければいいな~と思います。何せドル円は111~112円台、
短期筋は円ロングで円高を攻めてきていますし、
海外勢はかなり日本円を売り越したまま。。。。

これが巻き戻る時にはスケールの大きいドル円、日経の上昇となると
思うんだけど、いったいいつそれが来るのかしら。。。

日本株の本格上昇はドル円の115円台達成を見ないことには
なさそうですが、個人的に保有している個別株はすべてロングです。
インデックス、日経CFDも少しだけロング持っています。

株はリスクオンのままでいいと思っています。
上海合意が事実なら、ドル高にはなりにくい地合いとなった、
ということになりますが、足もとのドル安が米株が強い
一つの要因となっていると思われます。

ただし、ドル円はそれほど上昇は見込めず
(かといって年初からの2か月(10日間程度で)で
10円もの暴落となったドル円がさらに下げるとは考えにくく、
ドル円は110~115円の間でレンジ相場が続くんじゃないかなぁ、
って気がします。ユーロドルがなんだかんだ言って結局レンジなのと同じ。

つまり、ドル円と日経平均はデカップリング的な動きと
なってくるんじゃないかと思っています。

************************************************

ということで、ドルロングに妙味がない相場になったようですが、
じゃあ、何をトレードすればいいの??

ユーロ?テロリスクとか難民問題を抱えますし、マイナス金利、
ドル安気味だからといってユーロは買いにくいわよねぇ。

ポンド?EU離脱リスクを考えるとこれもまた買いにくい。
原油が戻ってきた過程でポンドも買い戻されたりしましたが、、、
今日はポンド円が160.75円でショートしています。

じゃあ、オセアニアはどうでしょう。

このところの鉄鉱石などのコモディティ高(ドル安もあって)で
豪ドルが目覚ましい上昇となっていますよね。

だから、短期的には買われすぎたのではないか、というところまで
上昇してきちゃってて、

豪中銀のスティーブンス総裁は今日22日、最近の豪ドル上昇について、
商品価格や米金利の見通しを踏まえると「やや先走っている」
との認識を示しています。

こういう発言があると、短期的には下がるわけですけれども、
今日はその後豪ドルはすかさず買い戻されていますね。

しかし、スティーブンス総裁ってかなり通貨安誘導発言しますよね。

だから、とうとう米国とIMFにたしなめられてます。

豪中銀の通貨安誘導とも取れる表現で米が注意促す-IMFと懸念表明

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O4FAHE6JIJUO01.html

今後発言に変化(慎むようになる?)があるでしょうか。

米ドル安基調である、ということを前提に、何を買うかを考えた際、
株がリスクオン継続であること、商品価格がドル安で戻り基調にあること、
などを考慮すれば、豪ドルロングが最も自然なような気がします。

ただし、豪ドル円というより豪ドル/米ドルで、ということですが。
ということで、ここからは豪ドルの押し目を狙って買いを考えてみます。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社