2016年3月25日金曜日

欧米市場は明日金曜から連休に入ります。

28日月曜のイースターマンデーを控えて、
25日金曜はグッドフライデーで休場ですね。
(月曜は欧米市場はオープンします)

おそらくそのせいもあって?日本株市場の商いも閑散。
連日、売買がカラカラで商売あがったりだそうで。

株再び1万7000円割れ、閑散相場でつかめぬ一手

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98806550U6A320C1000000/

1~2月にボラティリティを作りすぎちゃったせいでしょ。
って話ですが、年がら年中1~2月のような乱高下相場は続きません。

3月ってことで本邦勢は本決算、海外勢も四半期決算ですから
ポジション整理というような特殊な値動きが出やすい時期では
ありましたが(原油の上昇なぞは、その影響が大きかったんじゃないかなぁ、
後は、機関投資からのレパトリによる円高圧力ね)
明日のグッドフライデーで欧米勢は連休入り。
今日の取引までで春の休暇に入ってしまいます。

ということで、大方のポジション整理もついちゃって、
本邦勢も本決算控えてリスクは取れない時期ということで
市場に蠢いているのは、短期筋だけ。トレンドを作るような向きは
ほとんど市場にいないんでしょうね。これは意外と4月期初もそうらしいので
4月中旬くらいまでの値動きはだましが多く、トレンドになりにくい
特徴がありますので、ここからのトレードは少額を逆張りで
ちょこちょこやるか、思い切って休んじゃったほうがいいかもしれません。

ドル円110円割れを警戒する向きも増えていますが、
こうした相場でも,GPIFなどの年金は出動するでしょうから
崩したい向きもやりにくい相場ってことみたいです。
(かといって買う材料もないそうな。。。)

日経平均は62SMAがガッツリ上値を抑えている格好。
62SMAはフィボナッチの61.8%の四捨五入、黄金比率的に
機能するとされていて、私はどのチャートにも表示させています。

※日経平均日足


MACDの形が悪いので大きな下落がきそうな予感もあるチャートです。
噂のダブルノータッチオプションの下値110円が割れると日経も急落
するでしょうから、ドル円相場での円高予想が急増しているのはやーね。

ただし、個別株は元気な銘柄がたくさんあって、
インデックスより個別株ロングでこのところの相場取ってます。
マザーズなんか超元気なんだけど日経平均は何故にこんなに重いのか…。
1570日経レバETFのロングがしこっているって話もあったけど、
急落以後は上がるとやれやれの売りが出やすいのかも知れません。

それよりなにより海外勢が3月2週まで10週連続売り越してましたけど。
あ、海外勢が休みに入ると急落もないかしらねぇ・・・(と淡い期待)
今日24日の空売り比率は41.4%、 2/29の42.6%以来の高水準。
空売り比率も増加して来ていますので踏み上げ来れば
上値が軽くなりそう~って期待も出来ないではないのですが。
週明けの権利取りで明日は買われる流れとなるかもしれませんが、
その後権利落ちで急落するリスクもありますので
カレンダー的に無理にトレードする必要はないかと思います。

今夜はダウ平均も小幅安。

2月米耐久財受注額 前月比▼2.8%減(予想▼3.0%)上回る

しかし変動の大きい輸送関連を除いた受注額が弱い。
前月比▼1.0%(予想 ▼0.3%減)下回る。

ダウは大きめの調整がきそうなところまで上昇しちゃったので
米株下落が日本株、ドル円下落のトリガーとなる可能性は否定できません。

今はこれというトレードアイディアがなくて
(ついこの間まで豪ドルロングタイミング待ちでしたが、
 原油も崩れてきたので一旦やめ(・・;)
EU離脱リスクで売り込まれているポンドですがオプション市場では
ポンド下落予想のオプションに投じられた金額が110億ポンドにも
達しているそうです。
(西原氏有料メールの松崎さん解説によるとアイスランドのGDPに匹敵)
ポンドも下げすぎの反動高が怖い。

どれもこれもレンジ入りですね・・・。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社