2016年3月8日火曜日

さすがに日経平均も調整局面。
先週は4営業日続伸で1000円くらい上昇しましたので
今日の100円安程度は致し方ないところ。

しっかし、ドル円は動きませんね。
なんでだろ?ちょっと謎。本決算近いんだけどなぁ。。。。

現在ハッキリした値動きは 

豪ドル、カナダ、キウイ が上昇トレンドだってこと。

これはコモディティ高が影響しているわね。
このところ原油が底堅く上値を切り上げてきているけれど、その他にも
これまでメタメタに売られてきたパラジウムやプラチナ、銅などが大きく反発してる。



これが決してドル安の影響だけではないってことが、
資源国通貨高を一層大きくしているようです。

ドルインデックスは足元下落していたけど、今日は反発してます。

円インデックスが、、、全く動いていません。
つまり、円は全く方向がないってこと。

だから、豪ドル円やキウイ円が上がっているのは
ドルストレートで豪ドルやキウイが強いってことに連れてるわけね。

売られすぎたために、その修正が入っているだけなのか。
それとも、中国の全人代で構造改革が進むことへの期待なのか。

~鉄鋼や石炭などの産業で利益を出せない「ゾンビ企業」を淘汰

コモディティ反騰が続く限りにおいては、オセアニア、資源国通貨高は続きそう。

ということで、遅ればせながら
豪ドル円を84.22円、豪ドルドルを0.7423ドルでロング。

昨日ショートしたユーロドルは下げてはくれていますが、
思うようには下がりません。。。今週10日にECB理事会があるため
あまり動けないのかもしれませんね。

こちらはもう少し様子見とします。

コモディティが高い環境にあって、何故リスクオフと言えるでしょう。
だから、週明け月曜の日経平均の下落は気にすることはないと思うのね。

買い増ししてもいいくらい。

(ただし、今ロングしているからといって、今回の相場がド底確認で上昇する、
とはまだ確信がありません。少なくとも3月中くらいまでの強気スタンスで)

それから個人的に3月利上げの可能性は排除できないのでは、、、と思っていましたが、
市場にもそんなコメントが出てきました。

コラム:3月米利上げ、イメージトレーニングのすすめ
http://jp.reuters.com/article/tamaki-column-idJPKCN0W50SF?sp=true

じゃあ、なんでドル高にならないの?それならばマーケットに織り込みが
はじまるじゃないか。というご指摘もあろうかと思いますが、
織込みが始まってドル高になってしまうと、利上げの可能性は薄れるのです。
今、現在ドル安であればあるほど、Fedは利上げしやすいともいえます。

仮に利上げがあれば、株は緩むと思いますが、そこがまた買い場になって上がるかなぁ
と思っているんだけど、それも短期的な値動きです。多分。
皆が買いだと思う頃に、やはりリスクが噴出し(原油が反落するのかドイツ銀行がやばいのか、
中国が崩れるのか、それはわかりませんが)再度下落するんだろうなぁ、、、ってイメージ。

まずは目先の上昇について行くだけです。
あ、ポンドの戻りを売りたいと思っているんだけど、
もうちょっとひきつけてからかな・・・?
来週のFOMC明けまで値動き確認したほうがいいかしら。。。
原油が強いとポンドも強い相関となる時もあるので
(北海ブレント原油との相関)原油が反騰中は売り参戦は危険かも。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社