2016年3月18日金曜日

FOMCの結果受けて、地球一周するまで待った方が、、、良かった・(>_<)・゜゜

昨日、早まって112.30円台でロングしたドル円は111.95円で消えたわ。
3/17、ドル円相場は110.65円まで下落。

市場はFOMCの内容を受けてドル安に反応しています。

これが、一巡の24時間で織り込まれて行く過程でのドル安なだけ、
ならいいんだけど、、、それであれば、その後は次回利上げの
タイミングを睨んでドル買いに転じていくはずですが。。。。

もしかすると昨日のFOMCで、ドル高トレンドが決定的に終わってしまったか?

現時点では、かなり、FOMCの内容を受けて、ドル安が進んでますね。
※通貨インデックス、今日も絶賛ドル安進行中です。










完全にドル独歩安じゃないですか。

EU離脱懸念で売り込まれてきたポンドまで上がってるし。

米国のせいで他通貨全部高ね^_^;

円も上がってるわ。
ここから期末、本決算に向けて、ドル円は上昇、株も上昇、
ってシナリオを描いていたのですが、撤回せざるを得ません。

FOMCを受けてのドル安ってのも、一巡すれば次回利上げ時期を睨んで
ドル買いになる、ってシナリオも、、、今はかなり厳しい値動きです。

ドル円相場、トリプル底となって反騰の可能性も
ゼロではないのですが、自身がないのでポジションは持ちません。
円インデックスはともかく
ポンドやキウイ、豪ドルなどのインデックスを見ても
新境地に入ったように見えます。要するにドル安、他通貨高。

つまり、いよいよドル安トレンドが確定的となった、
って感じに見えるのね。

だから、きっと。。。ドル円相場は上がりません…。

しかし、ドル安なので、米株は上がります。
だから、それに連れて世界の株はそれほど下がりません、多分。
ということで日経平均も、それほど下がらないと思います。

ドル円相場は下落しても、米株が高い、
日経平均はこの相反する材料での綱引きで、あまり動けない。
(今夜は先物市場で16400円台まで下がっているけれど)
大きな下落はないにしても、ドル円相場が上がらないので
大きな上昇もない、というような雰囲気なのよね。
こりゃ、GPIFの3末の評価も厳しいんじゃないかしら…。

まだ3月末までは時間があるので、ある日猛烈に上がり出す可能性は
残っているものと思っていますが、現在のところは
テクニカル的にみても、下落トレンド確定のように見えます。
買うより売る相場。。。なんだよね、、、チャート面では。

政治的スケジュールを考えると、これ以上の下落を許すわけには
いかないと思うんだけど、許さないといったところで
マーケットをコントロールできるわけじゃないですよね。

流れはドル安ですが、ドル円、クロス円を取引するより
豪ドルドル、キウイドルなどのストレート通貨の上昇を取るトレードが
わかり易いでしょう。
ということで、豪ドルを再ロング目線で押し目待ちとします。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社