2016年4月7日木曜日

4月6日水曜、0時台に109.94円まで瞬間円高ドル安があった後
東京時間は110円半ば近くまで戻してレンジ相場となっていましたが
23:00台に再び110円割れ示現。

109.55円まで現在円高ドル安が進んでいます。

今日は西原宏一さんのお話を聞く機会がありましたが、
やはりG20の上海合意はあったのではないか、と非公式ながら
「ドル高是正」と「通貨安競争回避」の合意がなされた可能性が
蒸し返されているようです。

その裏付けとして
①3月のFOMCで前回FOMCで年内4回利上げ見通しが2回に引き下げられた

②その後の地区連銀総裁らのタカ派発言を一蹴。
  3/29イエレン議長講演はよりハト派的コメント強調

③3月ECBでは市場予想を上回る規模の追加緩和も
  ドラギ総裁利下げ打ち止め発言

④安倍首相、WSJ紙のインタビューにて
「通貨安競争は絶対に回避しなければならない」
「恣意的な為替市場への介入は慎まなければならない」

特に「WSJ紙」を選んで安倍首相が応えていることに意味があって
これが欧州向けメッセージなら「FT紙」なのだそう。

ドル安是正とはいえ、これまで年4回の利上げを織り込んでいた市場は
(3月FOMC後も地区連銀総裁らの発言で4月利上げを織り込み始めていた)
この上海合意があった可能性を意識しだした?ということでしょうか、
利上げ思惑でドル上昇を織り込んでいた分が剥落する過程で
ドル安が進んでしまう、ということのようです。。。


官邸、当局には常にあらゆるメディアからのインタビューオファーが
あって、順番待ちの様相を呈しているようなのですが、
中でもWSJ紙にコメントするってことは「アメリカ向けのメッセージ」と
受け止められるとか。つまり、市場はWSJ紙に安倍首相が介入しないと
発言した、ということで「介入はしない」ことを確信したということで、
それが、また「上海合意」が存在した可能性を強めているというもの。

そうでなくても、(ドル安是正の上海合意などなかったとしても)
期初、本邦機関投資家がまだ市場に出てこない時期を狙って
相場を崩しにかかっている海外勢の存在がこの相場を作っていることは
事実で、日本市場がターゲットになって売られていますね。
だって、上海合意が仮に存在するならそれは市場安定のためであり
基本的にはリスクオン。米株も高いですし中国も落ち着いています。
下がっているのは日本株とドル円だけですね・・・・^_^;

日経平均は7日続落、これはアベノミクス始まって以来の最長下落記録。
年初6日続落スタートで日本株、ドル円大きく下落となりましたが、
それを塗り替えちゃいました…。それなのに、日本は介入しません宣言です。
さらに足元見られちゃうリスクが…。

さて、今夜のFOMC議事録(3月分)ですが、

・幾人かのメンバーは4月利上げに反対、一部は賛成
・多数の委員、政策変更に慎重さ必要と指摘

・多数の委員、12月よりも利上げペース減速予想が適切
・多数の委員、世界リスクが増大と指摘 
・幾人かは世界ディスインフレを物価の下振れリスクと判断
・一部は持続的なインフレ上昇を予想、しないメンバーも一部に

改めてハト派的会合であったことが確認された、って印象かしら?
これが公表されて、ドル円相場109.32円まですとんと下げました。
その後戻して揉みあい中。

しかし、通貨インデックス一覧を見ているとドル安というより
円高だよね。日本の問題。政治日程的に伊勢志摩サミットまでは
消費増税見送りや補正予算など財政出動発表はないだろう、
と見られており、また、日銀が何かやる度に相場が崩れることから
4月の日銀会合では何もやれないだろうと足元見られちゃってるのかもね。


***************************************

それから、今日はポンド下落が大きかったのですが、
どうも昨日から話題の「パナマ文書」の影響らしい。

キャメロン英首相の亡父の名が挙がったことが嫌気されている模様。
租税回避自体には違法性はないのですが、為政者やその関係者による
課税逃れ、あるいはマネロンともとらえられかねない問題は
有権者からの批判にさらされることは必至、アイスランド首相は早速
辞任に追い込まれています。そのため、キャメロン首相の求心力が
低下するだろうことがポンド売りにつながっている模様。

ポンド円ショート、、、、買い戻しちゃったのよ~
その後にポンドがみるみる下げてしまってチョー悔しいわ・(>_<)・゜゜

今日東京時間にショートポジ全部締めちゃたのよ。
ポンド円、ユーロ円、豪ドルドル、豪ドル円全部。

豪ドルドルのみ途転ロングに回っています。これだけは正解。
コスト0.754ドルL

日経平均先物はドル円下落ほどには下げていません。
これが結局為替に引っ張られて日本株も売られる展開なのか、
それとも、株が底堅く、ドル円がやりすぎなのか、、、

しかし、110円を明確に割り込んでいるのでシナリオ変更です。
105円近辺までの円高もあり、とみて、戻り売りスタンス。

ポンドもことによってはまだまだ下がる余地ありか?

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社