2016年5月29日日曜日

まだレンジ相場を逃れられないでいるのですが、、
週末27日㈮のドル円相場、引け味はとてもいい感じ!

27日㈮東京時間は冴えない展開が続きドル円相場も109円後半でレンジ。
NYオープン直前には109.50円を割り込むところまで軟化。

伊勢志摩サミット~オバマ大統領の広島での演説と安倍内閣支持率が
上がるであろうイベントにも(オバマ大統領の演説と被爆者との会話、感動しました)
マーケットがそれを好感することはなく、じり安の流れ・・・。
27日、東京株式市場、東証1部の売買代金は1兆6581億円と今年最低。
7日連続での2兆円割れと、商いは全く盛り上がらず。

これが、重要イベント控えているための様子見に過ぎないのか、
嵐の前の静けさということなのか…
というのが週末㈮夜のYMTV為替デスマッチでの
(大倉キャプテンとだいまんさんとのセミナー)
テーマとなりましたが、週明けから動くんじゃないかな。
上方向に(ポジショントークですが('∀')

というのも、27日㈮週末ドル円相場はAM2:00以降に急伸。
トリガーはイエレン議長。

イエレン米連邦準備理事会議長が参加する討論会に一部関係者の注目が
集まっていましたが、講演ではなく、あくまで討論会ですので、
それほど重要な発言が出るとは思われていなかったというのが実際のところ。

ところが、イエレンさん、景気やインフレ見通しの改善に言及、
「今後数カ月での利上げが適切となる可能性」と述べました。
そのほかにも「利上げに慎重なのは利下げ余地が小さいため~
マイナス金利は真剣に検討していない」などなど。

この発言をきっかけにドル買いが一気に出てきました。
週明け30日㈪が欧米市場がバンクホリリー・メモリアルデーで
それぞれ休場となるので、欧米勢は3連休前夜。ポジション調整の意味での
ショートカバーという側面も大きいと思われ、これが週明けも続くかどうかは
疑問ではありますが、週末には今度は本邦、消費増税見送り濃厚の報道。

消費税率10%への引き上げを2年半先送りし19年10月とする意向を伝えた。

安倍首相が消費増税の2年半延期を政府・与党幹部に伝達=関係筋
http://jp.reuters.com/article/abe-tax-idJPKCN0YK00S

さあ、すでにマーケットには増税はあり得ない、見送りは織り込まれている、
とされていますが、週明けからの東京市場、どのような反応となるでしょう。

麻生氏 消費増税再延期なら解散・総選挙を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160529/k10010539331000.html

麻生財務大臣は一貫して見送りに反対していますので、見送るなら
信を問う必要がある、と発言されており、衆議院の解散総選挙も
同時に実施するのかどうか。。。

6月1日の国会閉会後の安倍首相の会見に注目でしょう。

今週㈬ですね。6/1㈬、安倍首相の発言でマーケット大きく動く可能性大。

ドル円ロングは継続中。レンジが続くのでロング継続も疲れます。。。
(一度利食って買いなおそうとすると上に行く、というパターンが多くて
やはり忍耐も必要かな・・・・と)

そして、今週末3日㈮は米雇用統計。

5月分のNFPは予想が+16万と控えめな数字。
米通信大手ベライゾンのストライキの影響で、3.5万人程度の押し下げが
出るという一部試算があるためのようです。

つまり、予想が控えめ、ハードルが低いため、ドルにとってはリスクは低い。
むしろ予想よりいい場合の上昇要因と考えます。

ただし、その前日6/2㈭がOPEC総会です。
原油価格が堅調すぎるのが気がかり。ドル高なのに。。ですよ。
確かに需給は予想より早くバランスするだろうという見通しに変わって
(2017年後半とみられていましたが、ナイジェリアの石油施設破壊や
カナダの山火事、シェール生産の減少などで、2016年内には需給が
バランスする(均衡する)との見通しが出てきた)
ファンド勢がショートカバーに動いて、今度はロングを積み増しているんですね。

OPEC総会では減産はおろか、増産凍結で合意すら難しいというのが
専門家らの見方です。それをも織り込んで上がっているのだとすれば
かなり強い相場ということなのですが、なーんか、WTI原油50ドル達成した
ところで6/2OPEC総会、、、って怖いですよね。

原油がそこそこの調整入りとなるならば、株式市場にも再び悪影響を
及ぼすという負の相関が再開するリスクはぬぐえず、、、
この点のみが心配です。

米国は6月~7月の利上げ織り込みに動く相場となるでしょうし、
日本も安倍首相の会見が注目され、失望がなければ基本は上を見たい。
(ポジショントークなんだけど、、、
あまりに期待で買われすぎてしまっているならば、下がるリスクもあるでしょう
けれど、今の地合いってみんな買うのが怖くてやってない、という感じでしょ。
この相場で、新規で売る・・・?!買いが膨れていれば利食いの売りがでるので
下がりますが、それほど盛り上がっていない相場をわざわざ崩しにかかって
売るほどネガティブな会見となるとは思えませんので…。


********************************

ポンドロングも継続です。

週末にでた5/24までのIMMポジションをみても(これがすべてとは言いませんが)
ショートカバーされていることがわかります。
それでもまだまだポンドショートは大きいまま。
総建玉が減少傾向ということは、売りが手じまわれていても
買いが入っていないということでしょう。
ここ3週は少しだけ、総建玉も増えてきているので、
ロングする向きも出始めたのかもしれません。

http://trend-line.co.jp/rand/zaiko/cftcgbp.htm から
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社