2016年6月29日水曜日

英国は国を2分する火種を生み出したようです。
キャメロン首相、この失政どう責任を取るんでしょうか。
お辞めになって済むレベルじゃない気がします。
国民投票なぞ必要なかったと思うんだけど、危険な賭けは最悪の結果を
もたらしていますね。

今更この国民投票の結果が覆るということはないと思っていますが
英国内は2分され、EU域内にもEU離脱の機運が広がっています。

英離脱、やり直し請願320万人 地域・世代の亀裂深まる
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM26H0L_W6A620C1FF8000/

問題は英国だけではありません。
EU各国で離脱機運が高まるかもしれません。

【英国】
・スコットランドの独立機運の再燃
・北アイルランドのアイルランドへの統一模索
【オランダ】
・2017年3月の総選挙での極右政党の勢力拡大?
【フランス】
・2017年4~5月の大統領選で極右政党党首が有力候補に
・来年6月の下院選で極右政党が伸長?
【ドイツ】
・来秋の総選挙で民族主義政党が議席獲得?~日経新聞から

まあ、政治的な話はこのブログの趣旨とは関係ないのでそこそこに。

つまり、混乱は長期化するでしょうし、ポンドドルは1.35ドルでは
サポートできないだろう、ってこと。
すでに割り込んで下値模索の展開ですが。

英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす
http://www.newsweekjapan.jp/obata/2016/06/eu.php

今後の経済にはいろいろな見方が出ていますが、
やはり世界のGDPを低下させるという見方が多いですが、
気になるのは米利上げに影響があるかどうか。
年内の利上げは無理との見方が急速に広がりつつあるだけでなく
利下げを予想する向きも出始めました。

米経済、ブレグジットの嵐に耐えるか
http://jp.wsj.com/articles/SB11361137877015174092204582153743922400770

ブレグジットの影響でドル高が進むとの見方があるようです。
資金が欧州通貨からドルにシフトするということか。

賃金の伸びが抑制され、インフレが期待できないだけでなく
コモディティ価格が下落し、米国エネルギーセクターに打撃。

となると、利上げなんかできないよね。という話。
まだそれほど織り込まれてはいませんが、利下げ予想もでている
ということで、ドル円上昇はあまり期待できないんでしょうか。。。

加えていやなのが人民元相場。
中国人民銀行(中央銀行)は28日、人民元レート基準値を、
前日より約0.2%元安ドル高となる1ドル=6.6528元と設定。
3営業日連続で引き下げられ、この3日間で約1.3%の大幅下落。
約5年半ぶりの元安水準。

2015年チャイナショックも2016年年初の株安も人民元切り下げが
きっかけで上海株が下がったことで世界の株式市場が下げたのよね。

その時よりもさらに人民元が下がってしまってるってことです。
ただし中国は13通貨から構成される通貨バスケットに人民元相場を
連動させる方針で米ドルと円、米ドルペッグの香港ドルの3通貨で
バスケットの半分近くを占めており、ポンドの比率はわずか3.9%。

24日はポンドや他の通貨の下落幅より
米ドル・香港ドルと円の上昇幅の方が大きかったことで
通貨バスケットの動きに合わせて元の基準値を下げざるを得なかった、
とWSJは解説していますが、、、、結果的に昨年の世界同時株安の
トリガーとなった人民元切り下げと同様のことが起きているってことは
怖いですよね。あまりに人民元安が進めば、資本流出が加速するでしょうし、
いつ中国市場にこのリスクが飛び火しても不思議はないと思うのですが、
日経平均があれだけたたき売られた割には、上海株は秩序だった値動きに
見えます。嵐の前の静けさなのか、、
うまくコントロールできているというのか。

しかしながら、今日28日㈫の日経平均も小幅ながらプラス引け。
13.93円高 15323.14円

現在のナイトセッションでは15450円まで上昇中。
今夜はダウが反発していますね。
現在130ドル超高い17280ドル。
17000ドル割れは何とかサポートできている格好。

ということでドル円相場も102.70円台まで上昇しています。

大局は売り相場かもしれませんが、短期的な戻り相場に入ったかも。
105円には輸出の売りがずらりと並んでいるとも指摘されていますので
まずは105円が難関ですが、この辺りを目指すのでは?!
101円台ドル円ロングは継続です。

今夜はポンド円ロングも作りました。136.44円。
ドル円が戻るならポンド円も・・・。
ポンドドルもひとまず売られすぎの反動で、リバウンドがありそう。
最終的にはポンド売りたいんですけどね。

大局は下落相場も、短期的には戻りがある時間帯かも・・・です。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社