2016年8月10日水曜日

日経平均は堅調です。

日経のこんな記事も面白い。

強気誘う「6・6・6」 動くか18兆円、市場にゆがみも
http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD08H7W_Y6A800C1EN1000/


会員限定記事ですが要約すると…

~日銀の追加金融緩和をきっかけに株式市場で強気な見方が浮上している。

①日銀6兆円ETF購入

7月日銀会合で決定。

②外国人による日本株6兆円買戻し

外国人は現物・先物合計で年初からブレグジットの6/24まで
日本株を約6兆円売り越していた

③上場企業6兆円の自社株買い

2015年度の自社株買い実施額は5兆3131億円。
株主重視の流れのなか、16年度はさらに増えるとの見方。

ということで、
18兆円規模の日本株買いが起きるんじゃないかという観測。

私も今週のSQ、それから例年意識される15日に向けての
円高アノマリ時期を無事こなして、そうねぇ26日のジャクソンホールでの
イエレン議長の講演などのイベントでも、米株が崩れずに高値更新できれば
日本株はさらに弾みがついて年末高となると思ってます。

足元はまだ、夏~秋のリスクに備えて極力ポジションを減らしてます。
8~9月の年間パフォーマンスが最も悪いですからね、、、
まあ、、、ドル円や日本株に関していえば2016年は1-7月にもうすでに
十分下げたともいえますが(;^_^A

それでも、やはりドル円はまだ不安定ですよね。

今日は再び101円台まで下落しました。
9日東京株式市場で日経平均は+114.40 16764.97円だったのに、
ドル円相場は102円台で膠着、17:00以降ずるっと値を崩して
NY時間に101.80近辺まで円高進行。

背景には米国の4-6月期非農業部門労働生産性速報値が
前期比年率▼0.5%と、プラスに改善予想に反して
3四半期連続のマイナスとなったことなどが挙げられているようですが
これって、そんなに注目後が高い指標だっけ__?

この指標が原因、ってことではなくて、落ちるべくして落ちたという印象
だけど、株と日経平均の股裂き相場が始まるのかしらね?!
まずは、今週末のSQに備えてまだリスクテイクせずにおります。

こんなリスクもあるんです。

「ドル不足」懸念再燃 銀行間金利、7年ぶり高水準
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05898860Q6A810C1EE8000/

警戒必要な邦銀のドル調達コスト上昇
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO04548100X00C16A7EA1000/
********************************************


今日はポンドが一段安。

約1カ月ぶりに1.30ドルを割り込んじゃいました。。。
やっぱり1.20ドルを目指す展開なのかしら…。

①今日は6月英貿易収支が発表されました。
 124億900万ポンドの赤字(予想100億7500万ポンド赤字よりも弱い)

②6月英製造業生産指数
 前月比0.3%低下(予想の0.2%低下を下回る)

英景気、大丈夫でしょうか。

来週にはブレグジット後の英経済の状態を示す経済データが
発表されるとあって先取りでリスクを織り込んでいるのかもしれません。

15日17:30 英消費者物価指数
      小売物価指数
      生産者物価指数

17日17:30 失業率 失業保険申請件数
26日17:30 4-6月期GDP

それからMPCのマカファティー委員が英紙タイムズへの寄稿で、
一段の利下げと量的緩和(QE)が必要となるだろうとと述べたことも
今日のポンド安を助長したようです。

ポンドショートは過去最高水準にまで積みあがっているようですが
まだ踏みあがるようなところまで来ていないみたい。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社