2016年10月17日月曜日

ドル円相場は14日金曜日NYクローズで104円台で引けました。
2016年9月まで長いこと意識された75SMAを上抜いて
一目均衡表の雲の上にも実体がきれいに顔を出しました。

105円台までくれば一度利食いたいと思っていますが、
その前に失速することがありませんように…。

週末、米国の9月のCPI・小売売上高が前月比+0.6%となったことが好感され
12月利上げに1歩近づいたようです。前年比では+2.7%

8月の小売が▼0.3%とマイナスだったので、プラ転したことは大きいですね。
其の8月分も▼0.3%から▼0.2%へとわずかに上方修正されています。

さらに9月PPI・卸売物価指数も、前年比で2014年12月以来の高い伸び。

※ただしGDP国内総生産の算出に使用される
自動車ディーラーやガソリンスタンド、建築資材などを除く
コア売上高は+0.1%で予想の+0.4%0.3ポイント下回っています。
しかし、コアもこれまで2カ月連続マイナスでしたから、
プラ転したことを評価できるでしょう。

というわけで、FOMCボードメンバーらのタカ派発言も。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁、
米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで
「私は(利上げ時期は)年内を見込んでいる」

ボストン地区連銀のローゼングレン総裁、
「12月に利上げに踏み切るとかなり高い確率で織り込んでいる」


こうしてみれば12月利上げを織り込む形で
米国債の利回りが上昇している、、、と考えても良さそうですが、
一部には中国による米債売却のうわさもあるようです。

足元では人民元安が進んでいますが、輸出競争力を高めるためには
人民元安誘導をしたいものの、そのスピードが急激であれば
昨年のチャイナショックのような混乱を招きかねない。

資本流出による急激な人民元安圧力に対しては人民銀行が
外貨準備を取り崩して、ドル売り人民元買いの防戦をしないといけない
状況にあるというのですが、さもありなん。

これが続くようなら、米国金利の上昇も続くと思うんだけど、
もしそれが急激になるようなら、日本が米債を買えば言い訳で。
それなら、それで円安要因ですよね。(先走り妄想ですが)

・・・・いえ、中国はリスク要因ですので、人民元安のスピードには注意を
払っておかなくちゃいけないと思います。

ただ、ドル円には底入れ感も出ているため、投機筋のポジションにも変化が。

カゴ投機筋 円、買越が2カ月ぶり低水準 米10年債も大幅減
2016/10/15 05:26 日経速報ニュース

11日時点のCFTC縦漁期明細。
投機筋ポジションの円の買越幅が2週続けて縮小。

前週比2万2786枚少ない4万5909枚(8/2以来2カ月ぶりの低水準に)

一方、足元で下落が気になるユーロ。
ユーロの売越幅は2週続けて拡大。

前週比1万1413枚多い9万3472枚(8/9以来2カ月ぶりの高水準に)

ということで、彼らの動向が今後のトレンドとなるかどうかにも注目ね。
ユーロに関しては20日木曜がECB理事会。ドラギ総裁が改めてテーパリングを否定すれば
ユーロの一段安の可能性もあるかも…。ブルームバーグの観測記事に乗せられて
ユーロ買ったりしちゃダメってことが改めて確認されたというか・・・。

19日は大統領選3回目のTV討論。
トランプリスクは剥落しつつあるように見えますが、
最後までワカリマセン。この結末にも注意。

ドル円ロング、キウイドルショートは継続。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社