2016年11月30日水曜日

ドル円相場、強いですねぇ。

結局週明け28日月曜につけた111.35を下回ることなくレンジ入り。
現時点では理由がよくわからないのですがキウイドルが上昇し
キウイ円が新高値を更新していて、クロス円も強いです。

今週は明日30日のOPEC総会や、週末のイタリア国民投票、オーストリア大統領選などの
不透明要因から利食い先行での一定の押し目(下落)があるかと思っていましたが
下値が固い。それだけ実需買が出ているということでしょうか。

今夜は米7-9月期米国内総生産(GDP)改定値が発表され
実質で前期比年率3.2%増と予想の3.0%増を上回っており、
これがドル買いにつながっています。
米国株式市場も強含みで、今夜のダウも現時点(AM2:00)で30ドル高。

トランプラリーはまだまだ終わっていない?!

ドル円コアポジロング継続も、短期ポジションとして112.38円でショートしていましたが
今日112.40円超えで微損で撤退。理由は1時間足での75SMAを超えてきたから。
1時間足のトレンドが崩れたことと、日足の5SMAを下回ったことが短期的な
ショートの理由だったのですが、再びそれを上回る可能性があるため、
一度撤退して様子見です。

かといってこのまま再度上昇し、新値をとるかというと
この高値を買うにはリスクが多い気もしているので、手がでません。

明日のOPEC総会ですが、イランのザンギャネ石油相が
「イランは減産しない」と述べたほか、サウジアラビアが
リビアとナイジェリアを除くOPEC加盟国が減産合意に参加しない場合、
合意を破棄する用意があると語ったと報じられており、原油が反落基調。
今夜は原油安にもかかわらずダウが高いという相場で、原油下落リスクを無視。

ただ、原油安と言ってもレンジの範囲内なので、それほど警戒することも
ないという見方もありますが、それにしても、それほどトランプラリーが
強いということの証左なんでしょうか(;'∀')

ただし、今日は中国再建期待とトランプラリーでプチバブル化していた銅市場が
比較的大きな下落を演出中。Wトップの様相で大崩れのリスクあり。

※銅日足チャート


コモディティ市場というのは流動性が小さいため、値動きが先行するケースが多く、
こういうところからマーケットの変化を見出せることも。
需給を考えるとドル円相場が大崩れするとは思いませんが、ちょっと警戒してみておきます。
ここからの高値追いはしない、ということです・・・。

イタリアの国民投票については下記記事参照。

イタリア、早期ユーロ離脱の公算小さい-でも国民投票が心配な理由
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-28/OHBORP6KLVR901?cmpid=yjp

コアポジ保有も、新規ポジは取らずに様子見とします。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社