2016年12月25日日曜日

今週で激動の2016年が終わります…。

ドル円100.80円台と101.80円台
ポンド円126.90円台L131.80円L
日経平均16600円16400円台L

トランプ氏勝利の大統領選挙前後で仕込んだ
このコアポジを継続しつつ、ドル円を買ったり売ったりして来ましたが、
最後117.20円台でロングしたドル円は今週どこかで手仕舞って
今週の高値では、ショートメイクしようかと思っています。
コアポジは残しつつ、、、でしょうか。

日経平均もCFDでロングしているので配当が付きますし、
ドル円ロングでもスワップがつくようになってきたので
以外と安値で買っている個人のポジションは根雪のように
粘るような気もします。

たぶん、みんな同じことを考えているんじゃないか、って気がするので
ショートするかどうかは、今週の値動きを見てから最終決断としますが、
ここんとこ、年末高でも年明けから相場がガラガラと崩れるパターンが多く
これを警戒する動きが過度に出れば、年初からの相場も下がらない可能性も
あるかもしれない、って気がするんだけど、
それでも年末年始の長期にリスクポジションは持っておきたくないので
117円台ロングは手仕舞う所存。

番組で誠さんに聞いたんだけど
大和証券によると年内最後の5営業日、
過去20年間の統計で17回も上昇していたとか。
その場合の平均上昇額は約239円だそうです。

20回のうち17回上昇が確認されたっていうんだから高確率。
これぞ、市場に古くから伝わる掉尾の一振ってやつよね。

それから、今週で今年が終わるということが、ドル円相場で
ドル調達が遅れている向きにとって、どのような決断を迫るものか、という点。
さすがに年内に必要なドルは先週までに買ってしまったんじゃないか、
って気もするけど、ぎりぎりまで下がる機会を待って買う向きもあるんでしょうか。

実需勢の様々な事情は、為替市場を動かす一因でもあるかと思います。


こんなニュースも。

円の銀行間金利が急上昇 海外で利下げ期待後退
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11036220T21C16A2NN1000/

・金利上昇の一因は日銀への利下げ期待の後退だ。トランプ次期米大統領の政策期待から円安・株高が進行。日銀は先の金融政策決定会合で景気判断を一部上方修正した。市場では日銀が当面マイナス金利を深掘りする可能性は低下したとの見方が強まった。

・足元の米長期金利の上昇(債券価格の下落)で国内金融機関が外国債を売却している。保有外債の含み損に耐えきれず、損失覚悟の売りに向かっているもようだ。

 機関投資家の多くは外債購入時、ドルと円のLIBOR金利を一定期間交換する取引で為替リスクを回避する。「外債売却に伴ってこの取引が逆回転したことが、円金利の急速な上昇につながっている」



本邦機関投資家勢が投資先に困り、利回りのある外債投資しかないということで、
(主に米国債ですね)外債投資する際に、ドル建てで米国債を買うと
円高になった際に為替分を損してしまう、、、として
同時に為替では円買いをして為替リスクがゼロになるようにヘッジしていた
って事情がありますが、おそらくそうした外債購入は米国債10年利回りが
1.5~2%あたりのころだったんじゃないか、
そして、その時のドル円レートは105円前後だったんじゃないか、
なんて推測もありますが、本邦機関投資家らは債券投資で債券価格が高いところで
買っちゃってて(利回りが低い時)為替市場では円高の時に円買いヘッジを
していたと思われ、どちらから見ても損失が大きい状況に追い込まれている、
とみられていました。

彼らが、外債を売却しているとみられる、、、ってことですね。
為替ヘッジを外すんじゃないか、って見方もあったんですけど・・・
そうなれば、一段の円安もあり得る?なんて推測もなかったわけではない。

記事によると、実際は
「外債購入時、ドルと円のLIBOR金利を一定期間交換する取引で為替リスクを回避」
していたとみられ、これが逆流しているということのようです。

銀行間の円金利が上昇したからと言って、円高になるというわけでは
ありませんが、このような動きが出始めたことが、次にどのような
変化をもたらす可能性があるのか、これについては
今週29日木曜のYMTVデスマッチで大倉キャプテンに伺いたいと思います。

年内までに益出し、あるいは損失確定を迫られるポジションもあったんでしょう。
これが年内最終週の今週も続くのかどうか。

あ、米株が下がらないのは、米国株を保有する向きは年内には
益出しをしないだろうとみられるという指摘があります。

というのも、トランプ減税。
新大統領が唱える減税の恩恵にあずかりたいならば
現政権下である年内に益出しするより、来年に利益確定したほうがいいと
考えるでしょ。だから、来年は一定の利確があるんじゃないかと指摘
されていますが、年内はポジションを持ち越すんじゃないかと。

上がってる相場なので、基本は利食いが多いと思われます。。。

ということで、掉尾の一振への期待が高まる今週。
急落があれば、117円台ロングのみ手仕舞って、正月準備とします。
急騰があれば、、、、新規で売るか売らないか、その時考えます~
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社