2017年1月6日金曜日

ダウ2万ドルの壁はかなり分厚いということでしょうかねぇ。。。

今夜、1月6日AM2:00(米国時間では1月5日)ダウ平均は100ドル超下落。
今年最初の取引19872ドルを下回っています。

年初の取引で示現した高値が今年の高値となってしまうのか・・・。

今夜発表された12月ISM非製造業景況指数(総合)は57.2
悪化予想に反して11月に続き2015年10月来の高水準となったのですが
ドル円相場も反応薄く、、、というか、ドル安です(;'∀')

現在115.50円を割り込んでいます。

ということで、117円台で再度作ったドル円ロングは117円割れで損切り・・・
100.80円と101.80円台のコアポジションがあるとはいえ、
その後に作ったトレーディングポジションはなかなか利食いができません((+_+))

豪ドル円ロングも同タイミングで損切り撤退。
それから12/30の急騰時に上手い事ショートメイクできたユーロドルも
ユーロの巻き返しにあって、手仕舞いしました。利食いですが、利益はかなり削ったわ・・・

年明けは堅調なスタートとなりましたが
市場は利食い圧力に押されている印象。
要するに、12月までの相場の動きの逆流が起こっているようですが
その背景には、、、、

トランプ次期米大統領がツイッターで、1/11ニューヨークで記者会見を開く、
と告知したことが、一因との指摘もあるようです。

就任式は1/20なんだけど、、、その前の1/11に
プレスカンファレンスを行うということのようですが
トランプ氏が何を言い出すかわからないという「不確実性」が強い中で
利益が出ているポジションは手仕舞って置いたほうがいいと考える向きがあっても
不思議はないですね。。。今週末は雇用統計ですし。

2万ドル到達目前に失速のダウ平均。

押し目は買うつもりでいますが、この高値でわざわざ買うこともないでしょう。
117.30円台ロングは高値で攻め過ぎたようです・・・。

コアロングを保有したまま、短期的にはショートを作ってもいい局面ですが
私はやはり買うスタンスに徹したいと思います。

高値で作ったポジションは整理し、安値を拾う戦略で参ります。

今週末は雇用統計よね。

今夜発表された雇用関連の指標、12/31までの週の新規失業保険申請件数は、
前週比2.8万件減の23.5万件。予想は26万。
昨年11月中旬には1973年11月以来43年ぶりの低水準となる
23.3万件となったのですが、この数字にドルは反応薄で、むしろドル安傾向に。。。

というのも、今回は年末年始の休みにかかったことから、
新規申請件数は6州とひとつの自治領の数字が推計値だった模様。
数字に懐疑的な見方もあり、素直に喜べなかったか。

加えて、雇用統計の前哨戦とされる12月ADP雇用報告(今夜発表)では、
政府部門を除く非農業部門雇用者数が前月比15.3万人増と
予想の17.5万人増を下回ったことが相場の重しとの指摘も。


ということで、なんやの。。。 年初のトレードは損切りスタートです((´;ω;`)


さて、ここから。
フィボナッチリトレースメントで23.6%押しが114.48円
38.2%押しが111.94円アラウンド。

現在のドル円相場が(AM2:25)115.50割ですので
114.50円近辺までの下落は可能性として否定できません。

114.50アラウンドまで下落すれば、再度買い参入。
112円くらいまで下がれば、さらに買い増しスタンスです。

1/11トランプ氏プレスカンファレンスで暴落があれば、そこも買い。

しかし、1/20の就任式前にも、ボラティリティの高い値動きがありそうです・・・・
リズムさえ合えば大きな利益のチャンス。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社