2017年1月7日土曜日





 12月の米雇用統計を受けてドル高再開かな。
ドル円相場は瞬間115.71円まで下落するも、現在116.95円まで上昇中。


12月米雇用統計 NFP 15.6万 (予想17.5万 前回17.8万⇒20.4万に上方修正)

予想に届かぬ内容に、発表直後は売られましたね。
11月分が20.4万に上方修正されたことをプラスに受け止めるか、
あるいは、20.4万から15.6万に伸びが大きく鈍化した、とネガティブに受け止めるか。。

それよりも賃金の伸びが前年同月比2.9増、前月比0.4%増となったことが好感された模様。

力強い内容とまではいかなかったものの、賃金インフレを鑑みれば
年内3回の利上げ見通しが後退するということはなく、
事前に調整気味となっていたドルは再上昇となりました。

1/11のトランプ氏のプレスカンファレンスや雇用統計を控えて
手仕舞いもあったでしょうし、ショートしていた向きもあったかもしれません。
結果、ショートした向きは買戻しを強いられたということかな。

なんかね、ドル円にしてもユーロドルにしても日足チャートの
一目均衡表の基準線がサポート(レジスタンス)になっているのよね。
黄色いラインが一目の基準線

※ユーロドル日足




ドル円相場は基準線割れまで調整したものの、ここから大きく巻き返しています。
ユーロドルも基準線まで上昇してきましたが、ここで阻まれて再下落。

そして、キウイドルも!!


今夜、全て基準線からの反転狙いでポジション作りました。

ドル円は115.82円でロング
ユーロドルは1.0586ドルでショート
キウイドルは0.7016ドルでショート

ドル高はまだ続く、、、というのが軸にあるのですが、トランプ次期大統領の
1/11プレスカンファレンスや1/20就任式が近いので予断を許さぬポジションではあります。

だって、昨晩4日のNY市場で(日本時間では5日のAM3:00ころ)
トランプ氏のTwitterでトヨタ株が暴落・・・。3%も下落ってことは時価総額7000億円が
トランプ氏のつぶやきひとつで吹き飛んだということになります。

トランプさん、Twitterで突然つぶやくの、チョーーーリスクよね(;'∀')

トランプさんがドル高に対してつぶやいただけであっという間に
円高になるという指摘もあるんだけど、その可能性はあまり大きくないと思っています。
そういう恐怖があるとなかなか腰をいれてドル買いができないという向きが多いかと
思いますが、そういう恐怖と共に相場は育っていくんじゃないかと思います。

だって、利上げしてるんだもの、ドル高になるのは当たり前。
それに対して、けん制発言をするなんてことはとっても愚かなことよね。
・・・・愚者を演じて好き放題発言しちゃいそうなキャラではありますけど(;'∀')

ドル高けん制するなら利上げをやめればいいじゃないか、
ということになっちゃいますので
あまりトランプ氏のドル高けん制を恐れることはないと思っています。
それに、トランプ氏は米企業の国内回帰を進めるつもりのようですので
それならドル高でいいってことよね。

ペソ安など対ドルでの通貨安による海外収益の縮小がいやなら
強いドルの米国へ戻って来いということではないかしら。

カナダドル円を買いたいと思っていたんだけど、買いそびれちゃった。
原油が確りと上がってきているので、カナダが面白いと思っていたんだけどね。

 【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社