2017年2月23日木曜日

ドル円相場、22日㈬に一時112.89円まで下落したものの
24:30過ぎに突然反転急上昇。

ユーロドル相場も1.0493ドルまで下落していたのですが、
同じタイミングで反転急上昇。

ドル円とユーロドルが同時に上昇するって、どんなニュースが出たのかと
思ったら、フランス選挙での反EU派勝利の可能性の後退。

中道右派、民主化運動のバイル氏がマクロン氏に共闘を提案し、
大統領選に出馬しない可能性を示唆したとの報道で、
ルペン氏率いる極右政党、国民戦線の勝利の可能性が著しく低下したことが背景。


現状での世論調査支持率は、バイル氏が5%、マクロン氏が20%。ルペン氏は27%で
バイル氏の票がマクロン氏に流れることとなれば、ルペン氏と拮抗。
まだ完全にリスクが消えたわけではありませんが、かなりその可能性は低下した
ということになるんでしょうか。

これを受けてドル円相場は113.50円近くまで上昇。
ユーロドルは1.5640ドルまで急伸中。

今夜はこの後FOMC議事録発表を控えていますので
この急伸が再びひっくり返る可能性も否定できません。。。

よって、この値動きを利用したトレードは見送っております。。。

ダウ平均は小安く寄り付いたものの、現在は20ドル高にまで切り返しており、
リスクテイク相場は継続。

よってゴールド価格は1240ドルから1230ドル近辺まで下落しています。

米株は連日の史上最高値更新、8日連続高ですが日本株は冴えない展開が続いています。
次の転換点は28日のトランプ大統領の議会演説でしょう。。。

それまでは、レンジ相場が続く気がしています。
ドル円相場も115円を超えてこないと、上昇トレンド再開とはいえません。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社