2017年2月24日金曜日

ああ~いつもメモ帳で文章書いてからブログにUPするんですけど、
エラーでメモ帳が停止、動かなくなっちゃった((´;ω;`))

このエラー何度か経験しているので、動作停止で
見えているところだけキャプチャ・・・後半最後の部分はキャプで許して

前半は全て書き直しです。((´;ω;`))最悪です。
この後、別のブログ更新もあるのに・・・


まずFOMC議事録。随分受け止め方が分かれていますね。

FOMC議事録「かなり早期」の利上げ見込む
http://jp.wsj.com/articles/SB11107114851997343508104582638050922823224

FOMC議事録タカ派色薄く ...
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-22/OLSMYC6VDKHT01

結果は、議事録受けてドル円相場は113.60円台から112.90円台へと下落したんだけど。
つまり、タカ派色薄くのほうがしっくりくる結果よね。

個人的には
「大幅なインフレリスクはかなり低いと大半が判断」
「今後の会合で保有資産再投資の見直しを議論することに同意」
この部分が気がかり。

インフレリスクが低いなら利上げを急ぐ必要はないわけですし
バランスシートの再投資見直し、、、再投資をやめるという話が
具体的に議論され始めると、ドル高要因ではありますが
米株が崩れるリスクでもあり、結局はドル円下落リスクにつながる気がします。
この辺りも意識されてないかなぁ、、、この値動き。

それからラジオ番組で広瀬隆雄さんに伺ったのですが、
税制改革法案可決はかなり遅れそう、というか実施は2017年中は難しいようです。

現在米国議会は上下院ともに共和党ですし、トランプ大統領も共和党。
政策なんかサクサク通っちゃうふわっとしたイメージがあるけどそんなことはなくて。

下院はともかく上院の共和党員数は52%なんですって。
法案可決のためには60%のスーパーマジョリティの賛成が必要。

足りないの。。。

でも、リコンシリエーションといって
「8年間だけの時限暫定法案」として可決する方法がないわけではない。
その場合、過半数の51%で成立させることができるのです。
現在52%、何とか通せそうです。

じゃ、それで通しちゃえばいいじゃない、、って話だけど、条件があるの。

「国家予算策定が前提」

なんだ、当たり前のことじゃないか、って思うなかれ。
トランプ大統領は「オバマケア廃止」を掲げていますね。

実際1月13日に

オバマケア撤廃へ、アメリカ下院が予算案を可決 9兆ドルの新たな負債をあっさり承認
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/14/obamacare_n_14163030.html
下院で撤廃予算案可決しています。

じゃ、上院でも、、、ということですが
スーパーマジョリティに達していないので国家予算策定しないと。

オバマケアって国家予算に占める金額が大きいんです。
だから、オバマケアに代わる共和党案としてのヘルスケア案が具体的に
ならないと、どのくらいの予算になるか見えてこない。
つまり国家予算が成立しないのです。

トランプ大統領は3月中旬までには策定するとしていますが、、、

トランプ「オバマケア見直し作業は最終段階」3月中旬までに提出
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/3-48.php

今夜ムニューシン財務長官がCNBCテレビのインタビューで
「8月の議会の休会までに税制改革案を通過させたい」と述べました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM23HAP_T20C17A2FF2000/
夏ですか、、、やはり2017年の実施の可能性は低いということでしょうか。
実施は2018年以降になるとの見方が広がっているようです。

これが、ドル円相場に影響した可能性も指摘されています。

ここから後は、メモ帳停止でも画面に残された部分を
なんとかキャプチャしたものを貼ります。
同じ文章2回書いたので疲れた。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社