2017年2月7日火曜日

ドル円相場、週明け6日月曜22:30頃に111.98円まで円高ドル安進行。

すぐさま112円台に反発して112.40円くらいまで上昇していますが、
この112円はこれで今年2017年に入ってから3度目のアタック。

粘りますねぇ~公的買いが売りを飲み込んでいると指摘されていますが
だとしたら相当巨額な買い支えがあるようです。

しかし、割らせまいという支えにはなっても、水準を切り上げて
どんどんドル買いになるセンチメントにはありません。
日米首脳会談待ちですしね・・・。

何故この時間にドル円が下がったか、明確な理由はわからないのですが、
同時間帯からユーロ売りも進んでいました。

ユーロ売りなのに、欧州株全般軟調。
ユーロ安ならリスクテイク時には欧州株は上がるはず・・・。

何故ユーロが売られていたか、って材料によりますが、たぶんコレ。

フィヨン仏大統領選候補が会見へ、不正疑惑に「反撃」
http://jp.reuters.com/article/president-france-idJPKBN15L0VV

フランス大統領選をめぐり、有力候補のフィヨン候補が
日本時間午前0時に記者会見を行うという報道が出た頃からのユーロ売り。

このフィヨンさん、下院議員時代に勤務実態のない夫人に多額の給与を
支払っていたとの疑惑で支持率が低下しています。

フランス大統領選といえば。。。そう、極右政党ルペン党首が人気よね。
ルペン党首は半グローバリゼーションEU離脱をを掲げています。
対抗馬がひとり脱落の可能性、、、ということで、ルペン氏勝利の可能性、
EU解体を警戒したユーロ売り、欧州株下落ってとこでしょうか。

しかしながらこんな記事もあるので、それほど警戒することもないかと。

仏大統領選の決選投票、マクロン氏がルペン氏に勝利の公算=調査
http://jp.reuters.com/article/france-election-poll-idJPL4N1FR3X5

中道系独立候補マクロン氏が65%得票の予想、ルペン氏は35%にとどまる?!
(あ、でもこういう事前予想があてにならないってことは
ブレグジットや大統領選で思い知らされたけどね(;'∀')

欧州は2017年は選挙年。ポピュリズム台頭でEU解体が最大の懸念事項。
3月オランダ総選挙がありますが、
もう4月のフランス選挙を意識した動きが(;´・ω・)

ということで、リスクオフ気味となっている市場。
リスクオフなので、ドル円相場もエイヤーと売り仕掛けに来た短期筋が
あった、という感じでしょう。でも112円で見事はじかれています。

私は2月に112円割れがあるんじゃないかと思ってますので(短期的に)
先週雇用統計後にドタバタして結局112.50割れでショートしたポジション、
そのままにしているんだけど、今、猛烈に反騰中で112.50円まで上昇。
ショートコストをちょっと上回ってます💦あれれ。
コアロングがあるとはいえ、売りは売りで利確したいなぁ・・・。

今夜はECBド​ラ​ギ​​​総​裁による
​「​ユ​ー​ロ​圏​の​失​業​率​は​さ​ら​に​低​下​す​る​必​要​が​あ​る​」​
「​資​産​買​い​入​れ​プ​ロ​グ​ラ​ム​の​期​間​延​長​や​規​模​拡​大​の​準​備​が​あ​る​」
​「​イ​ン​フ​レ​の​上​昇​に​、​引​き​続​き​金​融​政​策​の​支​援​が​必​要​」​​発言も注目されましたが
ユーロの一段安にはつながらず。

今週は日米首脳会談というビック過ぎるイベントがあるので、
その他のニュースは、足元のボラティリティを形成することはあっても
トレンドになるようなものじゃなさそうね。
ドル円が112円を明確に割り込むというようなテクニカルポイントが
崩されれば話は変わってくるのですが・・・。

※ただし、2月示現の安値は拾いたいと思ってます。
110円アラウンド。IMM通貨先物ポジション1月31日時点での数字は
投機筋の円の売越幅は5週連続で縮小し、約2カ月ぶりの低水準へ。
短期筋のポジションの円ショートポジション偏りも解消されつつあり
軽くなった分、新たにドル買い円売りしやすい地合いになっているってことね。


****************

先週トランプ大統領が署名したドットフランク法見直しですが、

ドイツ証券の山田能伸氏は「(ドッド・フランク法は)
三菱UFJでは数十億円規模の負担になっている」とみる。

だそうで、そのコスト負担が軽減されるだけでも
銀行が企業に融資しやすくなる見通しだとか。

またマネックス証券の大槻奈那氏は
「(出資先の)米モルガン・スタンレーからの配当も得やすくなるのでは」とみる。現行の制度では自己資本の充実が優先され、金融機関は配当を抑えめにせざるを得ないという。規制緩和が進めば内部留保による自己資本の積み増しより、株主還元に資金を回す余裕も出てくるとの読みだ。

ということで、リスクテイク運用が可能になるということ以前に
大きな恩恵があるようですね。

******************************

今日は12月豪小売売上高が発表され
前月比▼0.1%(予想+0.3%)

悪かった…。

おまけに1月中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)が
53.1と前月の53.4から悪化、これも豪ドルを圧迫。

豪ドルが売られる展開となっています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社