2017年3月1日水曜日

昨晩112.30円台でロングしたドル円。
その後112円大台を割り込む局面があるもNY時間深まり朝方になって
急激にドル買いが加速し112.80円台までドル高円安がありました。

3・5月の米利上げ観測高まる、ダラス連銀総裁発言受け
http://jp.reuters.com/article/usa-moneymarkets-march-or-may-idJPKBN1662AT?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

ダラス連銀カプラン総裁の
「インフレ対応で後手に回らないよう、近い将来に利上げする必要があるだろう」
との発言で、米金利が急上昇したことが背景だった模様。

CMEグループのフェドウオッチによると、金利先物が織り込む
3月利上げの確率は33%と、前週末の27%から上昇。
ブルームバーグの織り込み度は50%にも上ったとか。

でも30%50%とか、そんなレベルじゃ利上げの織り込みが高まっているとは
言えません。。。60%を超えてこないとリアリティはない。

あっという間に、ドル高機運は剥落してドル円相場は今夜28日夜に
再び112円割れ。先ほど111.79円をつけるところまで下落しました。

というわけで、私の112.30円ロングはストップがついちゃって消失(T_T)
112.80円台まで急伸した時利食ってしまえば良かった(起きてた)
レンジが長引きそうだとは思っていたはずですが、、、
そのレンジも上限115円くらいまではあるとみていますので
もうちょっと上がると思ったんだけどなぁ・・・

やっぱりトランプ大統領議会演説前にはそれほど大きく動けないですね。
ま、ストップはストップです。あきらめましょう・・・。

議会演説受けて110円近辺まで下落があれば再度買います。
100~101円台のコアロングはもちろん継続中。

今夜は全般ドルが軟調です。ロンドンフィックスにかけて一段安。
トランプ大統領の議会演説を控えポジションを落とす動きとみられています。
だから、トレンドになるほどのパワーはないようですが、、、
明日11時からの議会演説では、新規で仕掛けようという投機筋もあるでしょう。


現在、112円アラウンドが支えとなって何度か反発していますが、
ここを完全に下抜ければ110円方向も覚悟。
むしろその近辺まで下げてくれた方が、買いやすいですね。
その時には日経平均も19000円大台を割り込んで18000から18500円近辺まで
下落する可能性がありますので、そこで買い指値オーダー散らしてます。
大統領選の時と同じ。急落を待って買うスタンス。

ただ、皆同じことを考えているようなので、それほど下がらないかも、
という気もしていて、だから112.30円でドル円ロングフライングしちゃったんだけど、
やっぱ無理はしないことね💦、

それと、昨日27日㈪のドル急上昇にはこのニュースも影響したかも。

2/27 軍事費6兆円増へ トランプ氏「歴史的拡大」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H9K_X20C17A2FF8000/

 軍事費は17年度の約1割にあたる540億ドル(約6兆円)増やす。
「巨額のインフラ投資をする」とも述べた。

インパクトある発言ですねぇ。
ところが、今夜28日議会演説を前にトランプ大統領こんなことを。

2/28 国防費の増額、米成長加速も相殺要因
http://jp.reuters.com/article/usa-trump-spending-idJPKBN1671BW

「経済成長の加速によって資金が流入してくると思う」
「非軍事分野の予算削減によって賄われる」

財源は経済成長?!気の長い話で、、、💦
この発言でドルが売られたような印象もありました。

ただし、金利低下とドル安は米株にとっては歓迎です。
ゴルディロックス状態の米株市場、NYダウは2/27までに12連騰での
史上最高値更新。トランプ氏議会演説を前に今夜はどうなるでしょうか。

それから米株にとってはこうしたニュースも歓迎されているんじゃないかしら。

バフェット氏「米株バブルでない」、アップルを今年購入
 http://jp.reuters.com/article/berkshire-hatha-buffett-apple-idJPKBN1661H9 


バフェット氏のバークシャー、アップル株を大幅に買い増し
http://jp.wsj.com/articles/SB10766636087242413531904582647631653668676

おっと~今からアップル株ですか?!
バフェット氏アップル株2兆円お買い上げです。

バフェット氏はアップルの時価総額が1兆㌦に達する最初の企業になると指摘
しています。現在約7200億㌦。
まだまだ約4割近くの上昇余地、ということになりますね。

ジョブズがなくなってアップルは終わり、という指摘も多かったかと思いますが
アップルはここから一体何を仕掛けてくるんでしょう。。。
バフェットは何か掴んでいるのかもしれませんね。

リーマンショック直後、鉄道株を買い占めていたことを不思議に思った記憶が
ありますが、それは後に、シェール革命におけるインフラ網として重要な
路線であったことがわかりました…。さすがですね。あの時、マーケットは
米株に総弱気でした…。

ということで、ソロスが米株をショートし踏みあげられ、
バフェットはまだまだ強気。バフェットに軍配、、、でしょう。たぶん。

明日のイベントで波乱があればダウも仕込みたいですね…。
そう思っていると下がらずあがちゃうのかもしれません。。。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社